関根麻里と結婚報道、韓国人歌手Kって誰?

Wow!Korea / 2014年7月30日 10時24分

日本で活動中の韓国人歌手K(ケイ、本名:カン・ユンソン/30)が、日本人タレントの関根麻里(29)と結婚することが報じられ、韓国でも大きく取り上げられている。複数の日韓メディアによると2人は、5年間の交際を経て結婚を決意。ことし8月中にも婚姻届を提出するという。

そんな中、人気タレントである関根麻里を射止めた歌手Kとは一体どのような人物なのか、関心が高まっている。

韓国人歌手Kは1983年11月16日生まれの現在30歳。2004年に韓国でデビューし、“天国からの歌声”と称された。その後、2005年、TBS系ドラマ「H2~君といた日々」の主題歌に抜てきされた「Over...」で日本デビューを飾る。同曲で日本の音楽チャート上位にランクインし、華々しいスタートを切った。さらに同年、フジテレビ系ドラマ「1リットルの涙」(沢尻エリカ主演)の主題歌に「Only Human」が起用され、オリコン週間シングルチャート10位内に初登場から7週連続チャートインのロングセールスを記録、自身最大のヒット曲となる。

そして、2011年1月から韓国で約2年間の兵役義務を果たし、2012年10月除隊。すぐに日本活動を再開する。

2012年12月に関根麻里との交際が日本の複数のメディアから伝えられ、本日7月30日、結婚報道が一斉に流れた。

J-POP歌手として定着しているKは日本語も堪能。バラエティ番組や音楽番組での“面白い”キャラクターも人気の秘密と言えるだろう。

結婚報道後、Kのオフィシャルサイト内BBSには、多くのファンから「結婚おめでとう~末永くお幸せに」というコメントが届き、既に祝福ムードだ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング