≪ドラマNOW≫「朝鮮ガンマン」ナム・サンミ、イ・ジュンギの深い気持ちを知って涙

Wow!Korea / 2014年7月30日 23時59分

ドラマ「朝鮮ガンマン」よりキャプチャー

※ネタバレになる内容が含まれています。

30日に放送されたKBSドラマ「朝鮮ガンマン」では、ヨナ(キム・ヒョンス)と再会するスイン(ナム・サンミ)の姿が描かれた。

ヨナはユンガン(イ・ジュンギ)が心配になりユンガンの家を訪れ、ウォンシン(ユ・オソン)に発覚する危機に直面した。しかしちょうど家にいたスインが、ヨナを連れ出して危機から救い出すことができた。

スインは、ヨナを安全な所へ連れて行くと抱きしめて「あなたが、どうしてここにいるの?どんなに捜したことか。どんなに心配したと思っているの。大変だったでしょう。寂しくてつらかったでしょう」と言い、涙を流した。

また「ハンゾウさんがお兄さんだということは知っているの?」というヨナの言葉にスインは「知っていたけど、知らないふりをしていた。その方がいいと思った。私たちが会ったことも内緒にして」と頼んだ。

ユンガンもまたヨナに「パク・ユンガンとしてスインお嬢さんに会いたい。しかし私の欲でスインお嬢さんを危険にさらすことはできない。もう少しだけ秘密にしよう」と言った。陰でそれを聞いていたスインは涙を流した。

ヘウォン(チョン・ヘビン)はユンガンのそばにいたヨナの顔がはっきりわかった。ヘウォンは日本人のハンゾウに変装したユンガンの正体を把握し、混乱した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング