伊藤博文を襲撃した安重根描く韓中映画 クォン・サンウ主演なるか

Wow!Korea / 2014年7月31日 13時38分

俳優クォン・サンウ=(聯合ニュース)

韓国俳優クォン・サンウの所属事務所ベルアクターズの関係者が29日、クォン・サンウが韓中合作映画「撃斃撃斃」の主人公アン・ジュングン(安重根)役のオファーを受け、出演を検討中であることを明かし、話題となっている。

映画「撃斃撃斃」は韓国の独立運動家アン・ジュングンを描いた作品で、中国の有名映画監督のチャン・イーモウ(張芸謀)監督がプロデュースする。アン・ジュングンは、1909年に中国・ハルビン駅構内で日本の初代内閣総理大臣・伊藤博文を襲撃した人物だ。

複数のメディアによると、香港の演技派俳優ニック・チョン(張家輝)が伊藤博文を演じるほか、女優キティ・チャン(張雨綺)の出演も確定しているという。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング