【公演レポ】「U-KISS」海外メジャーアーティストで最多規模のツアーで日本縦断!

Wow!Korea / 2014年8月4日 16時51分

「U-KISS」

2011年に「Tick Tack」で日本デビューし、オリコン・ウィークリー・ランキング初登場5位を記録。新曲をリリースするたびに、常にオリコン上位にランクインする日本をはじめ、アジア各国で人気沸騰中のK-POP実力派グループ「U-KISS」が7月25日(金)、東京・中野サンプラザにて「U-KISS JAPAN LIVE TOUR 2014 ~Memories~」を開催。昼、夜2公演をファンの熱い応援を受け大盛況で飾り、まだまだ続く全国ツアーに弾みをつけた。

「U-KISS」は同公演で今年の3月に発売されたアルバム「Memories」をメインに日本デビュー曲「Tick Tack」から新曲「LOVE ON U」など日本語の曲から韓国語の曲までパワフルに届けた。会場には女性のファンはもちろん、男性ファンや子供のファン、さらに海外のファンと多くのファンが詰めかけ、「U-KISS」のワールドワイドな活躍を裏付けた。

ライブではフォーメーションダンスや、アクロバティックなダンスを取り入れたナンバーなど、躍動感あふれる迫力のパフォーマンスを次々と展開、バラード曲では定評のある歌唱力で6人の声が生み出す、美しいハーモニーで会場を感動の渦へと巻き込んだ「U-KISS」。迫力のあるステージパフォーマンスは「U-KISS」の真骨頂であるが、流暢な日本語でのMCやトークも大きな魅力のひとつである。

リーダー・スヒョンのリードで「こんばんは。『U-KISS』です」と全員であいさつ。

まずはジュンが「みなさん!僕は『U-KISS』の末っ子ジュンです!よろしくお願いします!」と元気にあいさつし、自己紹介へ。スヒョンの質問に「僕は17歳です。身長は186cmです。好きな日本の食べ物はラーメンと寿司です。特技はラップとダンスとbeat box です」と答え、ここでその腕前を披露。「イライさんも」とスヒョンに振られたイライも見事なbeat boxを披露。フン、ケビン、キソプに続き、最後はリーダー・スヒョンが“かっこよく?!”キメて会場を沸かした。

ここで、スヒョンが7月16日、日本通算9枚目のシングル「LOVE ON U」をリリースしたことを改めて発表。「フンさん、新曲『LOVE ON U』はどんな曲ですか?」とスヒョンに指名されたフンは「承知しました。『LOVE ON U』はせつなくて、セクシーな感じの曲なので、僕たちが踊りながらせつなくて、セクシーな表現をしないといけないので、一生懸命練習しました。ファンのみなさんの評判がよかったので、シングルで発売しました」と紹介すると会場からは大きな拍手が送られた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング