≪ドラマNOW≫「朝鮮ガンマン」イ・ジュンギvsユ・オソン、火花散る演技対決は見もの!

Wow!Korea / 2014年8月7日 12時31分

ドラマ「朝鮮ガンマン」キャプチャー

※ネタバレになる内容が含まれています。

韓国ドラマ「朝鮮ガンマン」のイ・ジュンギとユ・オソンが火花散る演技対決で、視聴者たちに緊張感を与えている。一歩も退かず、互いに向かって唸り散らす姿は鳥肌が立つほどだ。

KBS2TV水木ドラマ「朝鮮ガンマン」(脚本:イ・ジョンウ、ハン・ヒジョン/演出:キム・ジョンミン、チャ・ヨンフン)で、イ・ジュンギとユ・オソンの絡み合う戦いが続いている。毎回登場する2人の神経戦は、ストーリーに大きな緊張感を吹き込み、没入度を高めている。

これはイ・ジュンギとユ・オソンの“狂った”演技力にある。視聴者を引き付ける吸引力は最高だ。彼らは深い演技でユンガン(イ・ジュンギ)とウォンシン(ユ・オソン)が対決を繰り広げるシーンを、繊細に描き出す。

6日に放送された13話でもイ・ジュンギとユ・オソンの対決シーンは健在だった。イ・ジュンギは父の敵ユ・オソンを殺そうとし、ユ・オソンは水底作戦を広げてイ・ジュンギを危機に追い詰めた。

この日、スイン(ナム・サンミ)と愛を確認したユンガンは、ガンマンに変身し、ウォンシンの家を訪れ、彼に銃口を向けた。ウォンシンは自身が不利な状況に置かれるとすぐに、うそをならべた。ウォンシンは鋭い目つきをおさえ、切ない目つきで「私も願わなかった。 君たちのお父さんを殺したくなかった。何でもしなければならない猟犬だった」としてユンガンに許しを願った。

これはユンガンをより一層憤怒させる発言だった。自身は何の罪もなく、罪を他人になすりつけるだけでなく、娘のためだったとうそをついたため、ユンガンは怒り狂い、「お前の欲望でしたことだ。お前は父を殺し、妹を奴隷として売り渡した。そしてわたしは地獄よりも苦痛の中で毎日を生きた。わたしの手でお前の命を奪う、この日だけを待っていた」と殺す素振りを見せたが、ヘウォン(チョン・ヘビン)の登場で失敗した。

ユンガンはウォンシンを官衙に渡し、全てが解決されるようだったが、大逆罪人として捕らえられ、ウォンシンは有利な状況になった。これに対しウォンシンは自身の潔白を主張し、ユンガンを罪人として責め立てた。

ミン・ヨンイク(オ・ミンソク)に尋問を受けながらも、ユンガンとウォンシンの主張は対立した。2人の神経戦は終わりを知らなかった。ユンガンはウォンシンがガンマンだと明かそうとすると、ウォンシンはそれを決して認めなかった。

罪を判決する場所でも、ユンガンはウォンシンの罪を明かしたが、ウォンシンはヘウォンのうその証言とキム・ビョンジェ(アン・ソクファン)の権謀術数により、無罪判決を受け、高宗(コジョン)はユンガンに斬刑を宣告した。

こうして、2人の緊迫した演技が、シナジー効果を爆発させ、視聴者を引き付けるのに一役買っている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング