≪ドラマNOW≫「トロットの恋人」、危機の多いチ・ヒョヌとチョン・ウンジ、ハッピーエンディングなるか?

Wow!Korea / 2014年8月12日 10時36分

ドラマ「トロットの恋人」より(提供:OSEN)

去る11日午後に放送されたKBS2TV月火ドラマ「トロットの恋人」(原題)では結婚を控えて、危機に足を引っ張られるジュニョン(チ・ヒョヌ)とチュニ(チョン・ウンジ)の姿が描かれた。

この日の放送で2人は、2人を取り巻く全ての危機を克服して結婚をすることに決めた。まず先に解決したのはスイン(イ・セヨン)とヤン・チュヒ(キム・ヘリ)の悪行。スインの全ての悪行を知ったジュニョンは、スインに「事故当日、お前の姿が映った映像と録音したものがある」と彼女に心からチュニへ謝罪し、自首することを勧めた。

しかし、スインはジュンヒョンの実母ファスン(チ・スウォン)を使って録音されたものを奪い取ろうとしたが、これに気付いたジュニョンはスインが自分の部屋をくまなく探している時に現れて、彼女を圧迫した。

全てが終わったと思ったスインが行方をくらましたが、スインの母親チュヒは止まらなかった。彼女はマスコミを訪ねてチュニとジュニョンが浮気し、チュニはジュニョンを殺そうとした犯人だと暴露。しかし、これを黙って見ているジュニョンではなかった。ジュニョンは記者会見を開き、スインとチュヒの全ての悪行を告発し、加えてチュニとの”公式恋人宣言”をしたのだ。

これで全ての危機が解決されたようだった。ミョンシク(カン・ナムギル)はジュニョンにチュニとの結婚を急いでほしいと話していた状態で、2人もお互いに対する深い信頼で結婚を決心したからであった。

しかし、残り1話を残した「トロットの恋人」は、2人に再び別の危機をもたらした。チュニが母親のひき逃げ事件にジュニョンの母親であるファスンが関わっているという事実を知ったのだ。その上、2人の結婚を全面的に支持していたミョンシクも自分の妻を死なせたファスンの息子がジュニョンだという事実を知った。

記憶喪失や一瞬にして天から地に落ちるなどの紆余曲折を全て経験した2人は、また1つの危機を迎えることになった。多くの危機を通して堅い愛を育ててきた2人に家族が関わった今回の危機は、ただ乗り越えるには簡単でないと思われる。

現代版“ロミオとジュリエット”となった2人が、そう簡単に別れることはないだろう。すでにお互いへの深い信頼を確かめた2人が、彼らに迫った危機をどのように乗り越えるのか、関心が集中している。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング