【イベントレポ】ソ・イングク「僕も愛してます」を連発! ファンと相思相愛デュエットも披露?!

Wow!Korea / 2014年8月12日 14時21分

ソ・イングク

ソ・イングクが日本のファンのために1年ぶりとなるファンミーティング「SEO IN GUK Fan Meeting 2014″IMPACT”」を開催。8月10日(日)、東京・日比谷公会堂には台風による悪天候にもかかわらず、日本だけではなく、韓国からも多くのファンが詰めかけ、その人気の高さを証明した。

ソ・イングクは、2009年韓国最大のオーディション番組「スーパースターK」で72万人の中から見事優勝し、同年「Loving U」で歌手デビュー。2012年に「ラブレイン」で俳優デビューを果たすと、その演技力が評価され、韓国の若者の間で社会現象を巻き起こした学園ドラマ「応答せよ1997」で初主演に抜擢されて大ブレイク。先に韓国で出演したドラマ「高校世渡り王」(8月11日最終回放送)もケーブルや衛星放送同時間視聴率1位に輝くなど、俳優としても高い注目を集めている。また日本ではJAPAN 1st ミニアルバム「hug」を6月25日に発売し、自作曲のセルフプロデュースをするなど歌手としての活動も勢力的に行っている。

ファンとの1年ぶりのファンミーティングは、ソ・イングクの胸を揺さぶる歌声からスタート。シックなチェックのジャケット姿で登場すると、グリーンのペンライトが揺れる中、日本での1stアルバムのタイトル曲「Everlasting Love」を歌い上げた。「一緒に!」とソ・イングクがファンに声をかけるとファンも共に歌い、続く「もう、会えなくて」では、切ない歌詞に感情を込めて歌うソ・イングクをファンはうっとりと見つめた。

司会の古家正亨が登場すると、ソ・イングクの仕事やプライベートに迫るトークコーナーへ。一昨日までドラマの撮影があったという多忙な中でのファンミーティングについて、「ファンの皆さんに会えるので本当にうれしい気持ちです」と答え、疲れていませんか?と気遣う司会にも「全然大丈夫です」と笑顔を見せた。

去年7月以来となるファンミーティングについて、「毎回、来る度に皆さんにありがたいと思っているのですが、もしかしたら僕のことを忘れてしまっているんじゃないかなという心配もあります。でもこんなに多くの方が僕のことを待っていてくださって、来てくださって本当にありがたいし、いつも僕の力になっています」とうれしそうにファンを見渡した。客席から「サランヘヨ!」と声がかかると、間髪入れず「ナドサランヘヨ!(僕も愛してます)」とファンに即答するソ・イングクに、客席からは黄色い歓声があがった。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング