「JYJ」ユチョン主演映画「海霧」、公開6日で100万人突破に感謝の舞台あいさつ

Wow!Korea / 2014年8月20日 11時30分

映画「海霧」でスクリーンデビューした「JYJ」ユチョン

19日、ソウル・東大門メガボックスで映画「海霧」の舞台あいさつが行なわれ、シム・ソンボ監督をはじめユチョン(JYJ)、キム・ユンソク、ハン・イェリ、イ・ヒジュン、ムン・ソングン、キム・サンホ、ユ・スンモクが出席した。

本作は青少年観覧不可に指定されているにも関わらず、公開6日で観客動員数100万人を突破するという快挙を成し遂げた。19日映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワーク集計によると、「海霧」は18日だけで7万9139人で、観客数のべ101万902人で、ボックスオフィス3位になった。

観覧の制限がある中で快挙を達成したとあり、今後の興行成績にも期待が高まっている。

日本でも話題になっている、李舜臣の鳴梁海戦を描いた映画「鳴梁(ミョンリャン)-渦巻く海」が、観客動員数のべ1488万6479人で1位、続く2位はソン・イェジン主演の映画「海賊:海に行った山賊」で、観客動員数はのべ448万9126人となっている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング