チョン・へヨン1億ウォン寄付へ、ALS患者への希望のメッセージを!

Wow!Korea / 2014年8月28日 9時44分

女優チョン・へヨン

YGエンターテインメント所属の女優チョン・へヨンが最近ブームを巻き起こしている「アイス・バケツ・チャレンジ」キャンペーンに参加し1億ウォンを寄付した。

チョン・へヨンの夫で「慈善事業のアイコン」であるSEAN(JINU SEAN)は、8月27日の正午ごろ自身のインスタグラム(Instagram)を通して、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者たちと「スンイル希望財団」を応援するメッセージを持ち、優しい笑顔でこちらを見ているチョン・へヨンの写真を2枚公開した。

写真でチョン・へヨンは「ALS患者の皆さんと家族の皆さん、そしてパク・スンイル代表、頑張ってください!お祈りします!ALS療養病院の設立を応援しています。」と「スンイル希望財団(ハート)」と書いた希望のメッセージを伝え、チョン・へヨンが夫のSEANと「スンイル希望財団」のために作成した長文の文言が共に掲載された。

チョン・へヨンは「ALS闘病中のパク・スンイル代表(元MOBISバスケットボールチームコーチ)」に初めて会い、ALS療養病院の設立のサポートを始め5年が過ぎました。5年間諦めずに努力する夫が更にかっこよく見えました。アイス・バケツ・チャレンジをしながら、子供たちと皆で幸せを感じる姿でまた情熱とときめきを感じ、そしてこの10日間、毎日大勢の人たちがアイス・バケツ・チャレンジに参加する姿を見ながら、たくさんの人たちがALSに関心を持つようになることに、寝ないで喜ぶ姿を見ました。」と伝えた。

「ALSについて全ての理解をしているわけではないですが、夫を通して関心を持つようになり、同じ様にたくさんの方たちが、今アイス・バケツ・チャレンジを通して関心を持つようになっているようです。小さな行いが奇跡を作っている。一日でも早く治療法を探して欲しい。私は私にできること、病気のパパのお友達(パク・スンイル代表)のためにお祈りをしないといけないと言う、我が子のハエルのように、お祈りする気持ちでALS療養病院の建立のためにスンイル希望財団に1億ウォンを寄付したいと思います。」と伝えた。

最後に「ALS患者の皆さんとご家族の皆さん、パク・スンイル代表、そして愛する夫のSEAN、頑張ってください!!」という文章で閉めた最後には「へヨンが書いたテキストをアップします」というSEANのコメントがあった。

「アイス・バケツ・チャレンジ」はALS治療法の開発のために、アメリカのALS協会が進行中である募金運動から始まったもので、参加者は氷水を頭からかぶり、次の3名を指名し参加を委ねる。指名された人が24時間以内に氷水を浴びるか、100ドルをALS協会に寄付することになっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング