先輩「SHINHWA」が後輩「EXO」にバラエティ感を伝授!

Wow!Korea / 2014年8月29日 15時13分

ケーブルチャンネルMnet「EXO 902014」(提供:OSEN)

韓国グループ「SHINHWA」が後輩「EXO」にバラエティ感を伝授した。

29日に放送されるケーブルチャンネルMnet「EXO 902014」では元祖バラエティドル「SHINHWA」が「EXO」にバラエティ突破のノウハウを伝授する様子が描かれる。

「バラエティが難しい」と訴える「EXO」のメンバーたちに「SHINHWA」は「最初は自分をさらけ出すことが難しかった。いまは、屈辱的な写真にも拒否感がない。黒い歴史を恐れてはいけない」と自信を高めてくれた。先輩の特講にきらきらとした目つきで耳を傾けていた「EXO」は、今まで見せたことのないバラエティ感を発散して「SHINHWA」の一番弟子となる予定だ。

別名「バラエティ3種セット」と呼ばれる「SHINHWA」の必殺技を師事されその場で応じる「EXO」メンバーの姿が笑いをプレゼントする。特にXIUMIN(シウミン)は「バラエティ3種セット」をすべて消化して、爆発するバラエティ感を披露し、「SHINHWA」は一度教えただけですぐ応じる後輩「EXO」の姿に感心して称賛した。

「EXO」のメンバーたちは華やかなパフォーマンスと歌唱力で90年代と2000年代K-POPトップを守っている先輩「SHINHWA」のアドバイスと称賛に「光栄です」を連発したという。

制作陣は「バラエティドルらしく『SHINHWA』が後輩たちのバラエティ感育成に積極的に参加し、ほのぼのとした時間を過ごした」とし「『EXO』と『SHINHWA』が出会って、即座に披露した『Growl』コラボをはじめ、『EXO』の変わった姿を見ることができる名場面がいっぱい込められる予定だ」と伝えた。

一方、去る「EXO 902014」でCHANYEOL(チャンヨル)の「H.O.T」の「光(Hope)」、SUHOの「god」の「お母さんへ」2014年バージョンMV(ミュージックビデオ)が世代を網羅して爆発的な反応を引き起こして話題となるなか、今回「SHINHWA」編の主人公を務めたSEHUN(セフン)が「T.O.P」「ウッシャウッシャ」「yo!」「Wild Eyes」「Brand New」など「SHINHWA」のどの名曲を再解釈するのかに関心が集まっている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング