SM資料全文~「少女時代」ら所属事務所会長の妻、闘病の末他界

Wow!Korea / 2014年10月5日 12時45分

「東方神起」や「少女時代」などが所属するSMエンタテインメントのイ・スマン会長の夫人が小腸ガンで他界していたことが明らかになった。(提供:OSEN)

「東方神起」や「少女時代」などが所属するSMエンタテインメントのイ・スマン会長が病を患っていた妻の横でひとときも離れず看病の末、看取っていたことが明らかになった。

SM側は5日、報道資料を通じ以下のように伝えた。

<報道資料全文>

弊社会長イ・スマンの妻キム・ウンジンが9月30日に小腸ガンで他界しました。

会長夫人は、2012年12月に小腸ガンが発覚して2013年1月に大きな手術を受け、その後抗がん治療などを続けてきました。会長は、夫人のガンが発覚してから亡くなるまで毎日昼夜を問わず看病をしてきました。しかし夫人は、ガンが再発して2年間近くの闘病の末、2014年9月30日に他界しました。

葬儀は故人及び家族の意志にしたがい外部には知らせず、家族葬で静かに執り行われ、10月2日に出棺を終えました。

皆さまにもともに故人の冥福を祈っていただけたらと思います。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング