≪ドラマNOW≫「秘密の門」イ・ウォンジョン、結局殺された…ハン・ソッキュ嘆く

Wow!Korea / 2014年11月4日 23時5分

ドラマ「秘密の門」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

4日に放送されたSBSドラマ「秘密の門」14話では、パク・ムンス(イ・ウォンジョン)が殺される内容が描かれた。

ナ・チョルジュ(キム・ミンジョン)はジダム(キム・ユジョン)とともに逃亡し、その途中でパク・ムンスに会った。パク・ムンスは二人に逃亡する道を教え、申し訳なさそうな表情をした。続けてナ・チョルジュとジダムは急いで逃亡し、パク・ムンスは悲惨な終わりを迎えた。

息を引き取る前にパク・ムンスは、英祖(ハン・ソッキュ)に手紙を送った。手紙には過去にパク・ムンスが英祖につけた英祖の号“竹波(チュクパ)”と書かれていた。

過去のパク・ムンスは英祖に「正義が波のように流れる国、まだ遅くない」と言ったことがある。英祖はパク・ムンスの言葉を思い出しては「また一人だ。我々は再び生き残るのだ」と言った。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング