【公演レポ】チャン・グンソク率いる「TEAM H」、ダンスパーティーで最高のパフォーマンス! “遠くにいるけど一番近い友達がBIG BROTHERです! ”

Wow!Korea / 2014年11月7日 15時6分

アジアの大スターチャン・グンソクと、彼の音楽パートナーであり、友人でもあるサウンドプロデューサーのBIG BROTHERが一つになったプロジェクトグループ「TEAM H」がライブを開催。

韓国、日本のみならずアジアの大スターチャン・グンソクと、彼の音楽パートナーであり、友人でもあるサウンドプロデューサーのBIG BROTHERが一つになったプロジェクトグループ「TEAM H」が11月1日(土)2日(日)さいたまスーパーアリーナにて「TEAM H PARTY~Raining on the dance floor~」を開催。

「TEAM H」は、クラブミュージックを意識した先鋭的なサウンドが印象的な音楽ユニットで、枠にはまった音楽や作られた世界観を表現するのではなく、2人のそのときの感情に素直に従った音楽を追求し、2012年のメジャーデビュー以来、音源リリースはもちろん、全国アリーナツアーや話題のフェス等に参加している大人気モンスターユニット。外はあいにくの雨の中、会場内は雨音を全く感じさせないファンの熱気で溢れていた。

満席の客席でファンが見守る中、スクリーンに「TEAM H」の文字が映し出されると、無数の照明やレーザーが会場を照らし、BIG BROTHERによるDJプレイが始まると会場は一瞬で巨大なクラブのダンスフロアと化した。

サングラスにブラックスーツ、金髪のウィッグをつけたカリスマのオーラに包まれたチャン・グンソクが「行くぜ、とうきょう~!とうきょう、ジャーンプ!」の掛け声と共に2曲目「Do it on the speaker」で登場すると、再会を待ちわびたファンから大歓声が鳴り響き、会場のボルテージは初めからMAXに。声援に応えるかのように「声出してとうきょう!今から始まるからOK?」と煽り、ファンとの呼吸を合わせた。「I just wanna have fun 」「What is your name?」など大ヒット曲をノンストップで披露し、体全体を音楽にのせて、四方に花道が伸びたステージを所狭しと走り回り、雰囲気はどんどん盛り上がっていった。

「Listen to me」では突然ステージから下り、汗を拭いたタオルを客席に投げ込み、水鉄砲で放水したり、バズーカでスモークを浴びせたり、ファンへ向けて投げキッスをしたり、チャン・グンソクのとめどないパフォーマンスに目が離せないファン達は大熱狂。ダンスフロア化した客席からは黄色い歓声が飛んだ。

興奮冷めやらぬ中、着替えのために楽屋へ戻る姿をカメラが追いスクリーンに映し出すファンには希少なうれしい演出も。控室のソファーでリラックスした姿で、「みんな元気?」とスクリーン上であいさつすると、会場中から悲鳴が。続けて「(ライブを)始めた時から暑くて、上着も破れちゃったし、(笑)汗ばっかりだし、みんなと公演すっごい楽しんでると思う。」というチャン・グンソクからうれしいコメントが届けられた。ステージ上で一緒に踊るラッキーなファンを選ぶ企画では「カップルで来た人」を掲げ、ラッキーなカップルを探す。夫婦など比較的年配のカップルが多い点に「若いカップルは本当にいないの?」とボソっとつぶやき、会場の笑いを誘った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング