≪ドラマNOW≫「美女の誕生」ハン・イェスル、チュ・サンウクの温かさに嗚咽

Wow!Korea / 2014年11月10日 5時58分

ドラマ「美女の誕生」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

9日に放送されたSBSドラマ「美女の誕生」4話では、自分の事故に疑問を持つサラ(ハン・イェスル)の姿が描かれた。

サラはチェヨン(ワン・ジヘ)を、ガンジュン(チョン・ギョウン)はテヒ(チュ・サンウク)を事故の真犯人だと疑った。しかしチェヨンとガンジュンが一緒に乗ってきた車を見てサラはなくしていた記憶を取り戻した。ガンジュンの車が、自分の乗っていた車と衝突した車だったのだ。

友人のキョンジュ(シム・イヨン)と母ヨオク(イ・ジョンナム)もサラの自殺に疑問を感じ、スンドン(キム・ヨンエ)に問い詰め、水をかけられた。これを黙って見守っていたサラは苦しんだ。

サラはヨオクが住んでいた家を訪ねたが、ヨオクはその家から追い出されたという事実を知ることとなった。実はガンジュンがその家を買い、ヨオクを住めなくしたのだった。サラはそれを知ってふらつくと、テヒは「大丈夫。俺の専門だから任せろ」とサラを慰めた。テヒの温かい言葉に、サラはテヒの服をつかんで涙を流した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング