【イベントレポ】シン・スンフン、ファンとの約束を守り来日「Shin Seung Hun FanMeeting 2014 in JAPAN -I will-」開催!

Wow!Korea / 2014年11月13日 16時8分

2015年には韓国デビュー25周年、日本デビュー10周年を迎えることになるシン・スンフンが、記念すべき年を前に、ファンへの感謝の気持ちを伝えるために11月6日(木)東京・豊洲PITにてファンミーティングを開催した。

1990年に自身作詞・作曲「微笑みに映った君」でデビュー後、多数の1位受賞と、いくつもの大規模なコンサートツアーを成功させてきたシン・スンフン。昨年2013年10月に韓国で4年振りのオリジナルアルバム「GREAT WAVE」をリリース、同年12月には、中野サンプラザにて2年半振りの来日コンサートを行い、2日間で約5,000人のファンを魅了。2015年には韓国デビュー25周年、日本デビュー10周年を迎えることになる彼が、記念すべき年を前に、ファンへの感謝の気持ちを伝えるために11月6日(木)東京・豊洲PITにてファンミーティング「Shin Seung Hun FanMeeting 2014 in JAPAN – I will -」を開催した。

雨が降る中、この日を待ちわびたファンが場外に列を作り、また会場内に販売されているグッズを手にするため本当にたくさんの人が訪れた。来年日本デビュー10周年を迎えるのにあたり、ファンへの感謝の気持ちを伝えたいというシン・スンフン。その想いが込められた映像からファンミーティングはスタート。「今、みなさんに会いに行きます」という文字が映し出されると静かに映像を見ていたファンから大きな拍手が沸き起こった。音楽が鳴りだし、シン・スンフンが「Song For You」を歌い登場すると大歓声で迎えられた。

「こんばんは、シン・スンフンです」とあいさつをし、「この曲知ってる?一緒に!」とファンに声をかけ2曲目「君だけのための愛」を披露。

あらためて「お久しぶりです。1年ぶりにお会いしますね。元気でしたか?コンサートの時始めのコメントはいつも僕のおかしい日本語で始まりますが、最近みなさんが韓国語が上手になったので今日は韓国語でコメントを話そうと思います。大丈夫ですか?」と日本語であいさつ。そしてわかりやすいようにゆっくりと韓国語で「来年日本デビュー10周年の準備のために韓国でも日本でも今年はコンサートはありません。でも去年の日本のコンサートで来年絶対にみなさんに会いに来ますねと約束をしたので、どうしよう。コンサートはしないのに…。だったらファンミーティングでも開かないと!と思い、みなさんに会いに来ました。デビューをして9年目ですね。9年目だからと思いますが、みなさんが韓国語が上達していると思います。話を聞いてみると、シン・スンフンの日本語が上達するのを待つより、自分たちで韓国語を勉強した方が早いと聞きました(笑)。今日はコンサートではなくファンミーティングなのでみなさんともっと近づけるようなイベントになるようにします」と本人が語るが、通訳は「でも僕はなるべく歌を引き出すようにしますね」とファンに笑顔を向けると歌が聞きたいファンは拍手をして喜んだ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング