パク・クァンヒョン、2歳年下の一般人と12月に結婚

Wow!Korea / 2014年11月17日 13時33分

パク・クァンヒョンは12月7日午後6時、ソウル・江南区駅三洞のTHE RAUMで教育界に従事する2歳年下の女性と結婚式を挙げる。(提供:OSEN)

パク・クァンヒョン(37)は12月7日午後6時、ソウル・江南区(カンナムグ)駅三洞(ヨクサムドン)のTHE RAUMで教育界に従事する2歳年下の女性(35)と結婚式を挙げる。

2人は2年前に知人との集まりで初めて出会い、知人として過ごしてきたが、ことし6月に恋人関係に発展した。

パク・クァンヒョンは新婦について「何よりも良い品性を持っており、配慮する姿に惚れて結婚を決心した。色々な運動が好きな女性で、同じ趣味を持っていたという点にも惹かれた」と述べた。

彼はことし9月、秋夕(旧盆)特集で放送されたKBS2TV「私の結婚遠征記」出演も毛混を決心するのに大きな影響を与えたと伝えた。

彼らは「当時交際中だったが、結婚については早急に考えていなかった。しかしギリシャで撮影している間、カメラが回っていないときに結婚について本当に真剣に考えた」とし「7月末、撮影に行ってきた直後、恋人に結婚しようと言った」と明かした。

結婚式の司式は俳優イ・スンジェ、司会は声優アン・ジファンが務める。歌手キム・ウォンジュンと「ユリサンジャ」のイ・セジュンが祝歌を歌う予定だ。韓国でクリスマスを過ごした後、12月末に新婚旅行に発つ予定で、具体的な目的地はまだ決まっていない。

パク・クァンヒョンは「結婚後、家長としてさらに責任感を持ち、しっかりと働く予定だ。演技だけでなくバラエティ番組など、多方面で一生懸命活動する」と述べた。

1997年SBSトップタレント選抜大会で金賞を受賞してデビューしたパク・クァンヒョンはシットコム「ジャンプ」で注目され、その後、「学校」「ワンチョ‐伝説の英雄‐」「振り向けば愛」「あんぱん」などに出演し認知度を広めていった。最近では「清潭洞<チョンダムドン>アリス」や「ルビーの指輪」などに相次いで出演して大ヒットを収め、“視聴率メーカー”として注目され、ことしMBC日日ドラマ「輝くロマンス」でドラマの中心を引っ張っていく人物として活躍した。またミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」や「スカーレット・ピンパーネル」の主演を務め、活動の幅を広げている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング