≪ドラマNOW≫「傲慢と偏見」チェ・ジンヒョク、ペク・チニの弟殺人事件について告白

Wow!Korea / 2014年11月18日 5時58分

ドラマ「傲慢と偏見」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

17日に放送されたMBCドラマ「傲慢と偏見」7話では、ク・ドンチ(チェ・ジンヒョク)がハン・ヨルム(ペク・チニ)の弟ハンビョルの事件を目撃したと告白する姿が描かれた。

ヨルムはこれまでドンチの成績表を証拠に彼を弟を殺した犯人だと思っていた。しかしドンチの行動に、犯人ではなく目撃者だということがわかったものの、変わらず冷たい態度を取っていた。

ハンビョルの殺人事件を目撃したドンチは、ヨルムに事実を打ち明けた。ヨルムはチャ・ユニ事件を暴きながら、ドンチにハンビョル事件で受けた傷について正直に話した。ドンチもヨルムにハンビョル事件を目撃し、当時の状況について話した。

ドンチは自分が目撃者だが、犯人は消え去ったため証言することができず、だから検事になったと言った。彼は犯人が消えた状況で自分の証言を信じる人がいないと思い、怖かったと言った。またドンチはハンビョルを殺したのは検事だと発言しながらも、今後ヨルムとともに事件解決に出ることを匂わせた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング