【イベントレポ】パク・シフ、ファンミで“恥ずかしい”エピソードも披露

Wow!Korea / 2014年11月18日 21時56分

俳優パク・シフ

ドラマ「王女の男」など数多くの作品に出演し人気を博している俳優パク・シフが11月5日(水)名古屋国際会議場 センチュリーホールにてファンミーティング「PARK SIHOO FANMEETING 2014 秋風に乗って…再会 第3章~FINALE~」を開催した。

オープニング曲『もう二度と離さない』が流れる中、花道階段からゆっくりと青いペンライトの海へと進むパク・シフ。甘く切ない歌声で一気に会場のファンを魅了した。オープニングトークでは、「準備時間が短くて心配したけど、あたたかく迎えてくれて、終わった後もたくさんの声援をいただき、元気をもらいました」と横浜公演を振り返り、「みんなが楽しめるステージにしたい」と、今回の公演への意気込みを伝えて拍手喝采を浴びた。

ファンミーティング前日に名古屋入りしたパク・シフ。実は名古屋市内を2時間も歩いていたそうだ。その事実が知らされるや、ファンは「どこにいたの~?」と興味津々。彼は「少しでもカッコいい姿をみてもらいたくて…」と、ニンマリ微笑んでいた。

話題はことしの夏に撮影したコンタクトレンズのCMに…。「コンタクトをしたから目が大きく見えました」と、目を見開きながら彼が笑うと、会場から「カワイイ」という声援が沸き起こる。そんなファンの声援に「アリガトウゴザイマス」と、両手で大きなハートを描きながら応えていた。

会場で映画出演が決定したことを発表したパク・シフ。韓国での新たな作品を待ちに待っていたファンから大きな声援が送られる。今回彼が主演するのは、『サランフ 愛(原題)』というラブストーリー。「とにかく胸が熱く、切なくなる映画です」と微笑み、ファンの期待度をUPさせていた。

続いては、彼の10年の俳優生活を振り返る時間。「忘れたい恥ずかしいエピソードは?」という司会者の難解な質問に考え込んでしまう彼だったが、悩んだ末にドラマ『結婚しよう!~Let's Marry~』の撮影中、相手役を紹介するときに「僕の彼氏です」と言ってしまった爆笑ネタを披露してくれた。

次に「もう一度演じてみたい、あるいは続編を作ってみたい作品」として彼が挙げたのは、『検事プリンセス』。撮影は大変だったようだが、それだけ思い入れがあり、スタッフ、出演者ともより団結できた作品だったようだ。

そんなドラマトークの後は、ファンが選ぶ好きなドラマランキング、そして人気ドラマの名場面を振り返るコーナーがスタート。ランキング第3位は『家門の栄光』。彼が演じたイ・ガンソクは、クールなエリートビジネスマンというキャラクターだが、後半は新妻にメロメロになり、2人でイチャイチャする場面が続出。“エロガンソク”っぷりがスクリーンにダイジェストで流れ、会場は大爆笑、彼自身も恥ずかしいやら面白いやらで、思わず客席に背を向けて笑いを堪えていた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング