≪ドラマNOW≫「ピノキオ」イ・ジョンソク、家族が皆生きている夢に「覚めないで」

Wow!Korea / 2014年11月19日 23時15分

ドラマ「ピノキオ」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

19日に放送されたSBSドラマ「ピノキオ」3話では、チェ・ダルポ(イ・ジョンソク)の夢が描かれた。

夢の中では、ダルポの実の父キ・ホサン(チョン・インギ)と母(チャン・ヨンナム)が和気あいあいと会話をしていた。父は自分が火災事故からどう助かったのか武勇伝を語り、母はそれにうなずいていた。

ダルポはこの状況が夢なのか現実なのかわからなくなった。「悪い夢を見たんだ。父さんは大きな事故でいなくなり、兄さんも僕を捨てて逃げて行った。そして母さんは…」と目頭を熱くした。「だから僕は父さんと兄さんを恨んで、探そうとも思わずに生きていた」と言うと、両親はダルポを抱きしめた。

しかしダルポは母の手のぬくもりを感じようとすると、すぐにチェ・イナ(パク・シネ)が登場した。ダルポは「あいつがなんでここにいるんだ?これが夢だというのか」と確認しながら「どうやら夢のようだ。覚めてほしくない」と涙を流した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング