【公演レポ】John-Hoon、2年ぶり日本ライブで甘く繊細な歌声を披露!  ステキな大人の時間にファンうっとり!

Wow!Korea / 2014年11月20日 21時13分

2年ぶり日本ライブで甘く繊細な歌声を披露した歌手John-Hoon

7月に開催されたファンミーティング「HOONEEs 2nd FAN MEETING-JUKE BOX-」以来の来日となるJohn-Hoonが11月16日(日)、東京・豊洲PITにて、今度はスペシャルライブ「John-Hoon-MUSIC STAGE-」を開催した。

日本でのライブ開催は、2012年の「THE MOBIUS STRIP TOUR」以来約2年ぶり。昼夜2回にわたり、全編バンド演奏で、John-Hoonの歌声をたっぷり堪能できる歌のステージと、トークを織り交ぜた構成で展開された。本編のステージでは、John-Hoonは一度もはけることなく出ずっぱりで、終始胸キュンのJohn-Hoonスマイルも炸裂!彼の多彩な魅力にファンも大興奮だった。

昼公演、ぎっしりと埋め尽くされた会場に、John-Hoonの声によるアナウンスがあった後、会場が暗転。スクリーンに「今日は誰に会いにきましたか?」という文字が映し出され、客席が大きな声で「John-Hoon!」と叫ぶと、ステージ中央には照明に照らされたJohn-Hoonの姿が。アップテンポのオープニング曲「サクラTEARS」で幕を開けた。客席は総立ちとなり、ブルーのペンライトが揺れる会場は大歓声に包まれた。

「皆さんJohn-HoonのMUSIC STAGEへようこそ」とあいさつしたJohn-Hoonは、MCのYumiを呼び込むと、流暢な日本語で、トークタイムがスタート。

まずは1曲目を終え、「緊張しています。声は大丈夫そうですけど、表情が超緊張しています」と苦笑いするJohn-Hoonに、客席からは「かわいい~」「カッコいい~」などの声援が送られ、ファンの温かい声に徐々に表情が柔らかくなっていくJohn-Hoon。前日来日し、「カレーや豚肉をいっぱい食べたので2、3キロ太ったかも」とお茶目に話し、「リハーサルを終えた後は生ビールを1つ飲みました」とニッコリ。

MCのYumiから「前回より痩せた?」と聞かれ、ジムで筋トレ、ボクシングなどをしてダイエットをしていたことを明かしたJohn-Hoonは、客席の「見た~い」というリクエストに応え、シャドーボクシングを披露。真剣な表情がカッコよくセクシーで、会場からは黄色い声が。でも、筋トレで特に鍛えているという“お尻”に関しては「見せない!(笑)」といたずらっ子のような表情を浮かべ、次回にお預け!?となった。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング