「B.A.P」所属事務所、「奴隷契約ではない」公式立場を発表

Wow!Korea / 2014年11月27日 20時19分

人気グループ「B.A.P」メンバー全員が、所属事務所を相手に専属契約無効確認の訴訟を提起したが、所属事務所側の公式立場が明らかになった。(提供:OSEN)

人気グループ「B.A.P」メンバー全員が、所属事務所を相手に専属契約無効確認の訴訟を提起したが、所属事務所側の公式立場が明らかになった。

「B.A.P」の所属事務所TSエンタテインメントは27日午後、「『B.A.P』は10月28日、公式チャンネルを通じて明らかにしたとおり、相互の配慮と信頼の中でアーティストの保護を最優先の目的で全ての日程を最小化しながら休みを取っていた。最近、アーティストの同意の下に活動計画を議論中であったが、急に訴訟記事を見て驚いた」などと明らかにした。

以下、公式立場全文

~TSエンタテインメントです。

本日午後、報道された「B.A.P」の専属契約無効確認の訴訟の件について、公式立場をお伝えいたします。

これまでTSエンタテインメントは、弊社所属のアーティストである「B.A.P」の様々な活動を支援し、共同の目標を達成するために邁進してきました。そして「B.A.P」は10月28日に公式チャンネルを通じて明らかにしたとおり、相互間の配慮と信頼の中、アーティストの保護を最優先の目的としてスケジュールを最小化しながら休みを取っていました。

そして最近、アーティストの同意の下に今後の活動計画を議論中でしたが、急にこのような訴訟記事を見て驚きました。

現在TSエンタテインメントは今回の報道について具体的な事実を確認中です。ただ、一部の報道で訴訟の論点である「不公正契約条項」や「奴隷契約」の要素は一切存在せず、アーティストに一方的な不当に処置することも全くなかったということを、はっきり申し上げます。

今後、弊社は訴訟の件と現在の状況について確認を終えてから改めて公式対応をする予定です。

TSエンタテインメントと所属アーティストを愛してくださる全ての方に、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。~

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング