【公演レポ】「C-CLOWN」皆さんの反応は最高です!  「C-CLOWN LIVE in JAPAN~! Let’s love!!! 」開催

Wow!Korea / 2014年11月28日 20時48分

「C-CLOWN」

「C-CLOWN」は王冠を被った6人のエンターテイナーという意味を持ち、人々に楽しみを与える最高のエンターテイナーになるという抱負が込められ、2012年にロム、シウ、レイ、カン・ジュン、T.K、マルの6人で結成されたボーイズグループである。今年7月韓国で4集ミニアルバム「Let’s Love」のカムバックで歌にラップ、ダンスとさらに磨きをかけた姿を披露し注目を浴びた彼らが、約半年ぶりに日本での単独公演「C-CLOWN LIVE in JAPAN~!Let’s love!!!」を11月15日(土)東京・ラフォーレミュージアム六本木にて開催した。

日本デビュー前にも関わらず日本でも大人気の彼ら。会場には日本だけでなく韓国や台湾など各国のファンが駆けつけた。6人揃いのホワイトシャツで爽やかに登場すると会場は早くもヒートアップ。鳴り止まない歓声の中一曲目を歌い終えると激しいダンスに息を切らすメンバーたち。彼らが見せる一つ一つの動作に歓声が上がりファンの反応の良さを喜んでいる様子が見えた。

カン・ジュンが「みなさん楽しいですかー?」と第一声を発するとファンはペンライトを高く挙げてそれに応えた。その様子を見たリーダーのロムは「誰が一番好きですか?」とファンに問いかける。自分の好きなメンバーを大声で叫び声援を送るファンの姿を見た。レイは「全員好きみたい」と満足そうに微笑んだ。「C-CLOWN」のどの曲が好きかとの問いにもファンが大きな声で反応するとカン・ジュンが「おぉ!それでは次に歌う曲もみなさんが気に入って下さると思います。彼女に歌ってあげるような曲です。歌が始まったら一緒に歌ってくださいね」とファンとの再会を掛け合いで楽しむと、早速次のステージへとライブは進んだ。

メンバー紹介ではシウ、マル、レイ、ロム、カン・ジュン、T.Kの順で日本語で各自あいさつを行った。ロムは「日本での2回目の単独公演ですね。みなさんこうしてたくさん来て下さって本当に感謝しています。僕たちが日本にくる度に日本のファンのみなさんはたくさんの感動をくれます。だから日本に来る事を本当に楽しみにしています。あいしてる~」と感謝の言葉と愛を伝えた。カン・ジュンが「これ知ってる?僕は『C-CLOWN』のなっしー!」と愛嬌をふりまきだす。もっと盛り上げようとロムがマルに愛嬌をするように指示しステージの前に出されるマル。マルは「1.2.3」の掛け声で、かわいい表情を披露し会場の声援を一身に浴びた。メンバーからも「かわいい!」と声が上がるほどの末っ子の愛嬌。そんな末っ子マルが次に指名したのはカン・ジュン。カン・ジュンも自分で「かわいい~」と言いながらかわいい表情を見せると、今度はシウに振る。「シウ!これ知ってるだろ、キヨミ!」とメンバーからの無茶ぶりに、照れながらキヨミプレーヤーを披露。照れて止めてしまうシウに「もう1回1から!」とカン・ジュンから物言いが入り、再びキヨミプレーヤーを披露。その後はスペシャルステージとして、ロム、マル、シウの3人がサングラスをかけて登場し、セクシーなダンスで会場を酔わせた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング