「Mate」が新曲「ちがう」を公開、グループは長期休業へ

Wow!Korea / 2014年12月4日 15時24分

韓国男性グループ「Mate」の新曲「ちがう」が4日正午、公開された。

韓国男性グループ「Mate」の新曲「ちがう」が4日正午、公開された。

同楽曲は、11月に発表したアルバム「END OF THE WORLD」の後続曲で、7番目のトラックに収録された。

「Mate」の所属事務所MYミュージック関係者は「最近は、音楽がはやい速度で消費され、すぐに忘れられる傾向にある。単独コンサートで初めて披露し公開するため、1曲は非公開にしていた。この曲を通して、『Mate』のアルバムをもう一度聴く機会になることを願う」とし、音源を遅れて公開させた理由を明かした。

「Mate」は先月29~30日、ソウル市内にあるサムスンカードホールで単独コンサートを開催。チョン・ジュンイルが作詞作曲を手掛けた新曲「ちがう」を初披露した。

コンサートのソロステージで、チョン・ジュンイルは「タイトルとは逆の内容を込めるケースが多い。抱きしめて、告白、大丈夫、がそうだった。この曲も”ちがう”ではない気持ちを表現した」と説明した後、ピアノ演奏と共に「ちがう」を熱唱した。

今回のコンサートを最後に、一時休業に入る「Mate」は「3メンバー(イム・ホンイル、チョン・ジュンイル、イ・ヒョンジェ)が一緒に音楽をできる日がきたら、また戻ってくる。それがいつになるのか、いまはわからないが、事情があり時間が必要になるだろう」と明かした。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング