【公演レポ】イ・ジュンギ、アジアツアー初日公演でファンのハートを愛の大砲で狙い撃ち!

Wow!Korea / 2014年12月6日 22時7分

俳優イ・ジュンギ

数々のドラマ・映画に出演し、日韓はもちろんアジア各国で絶大な人気を誇る俳優イ・ジュンギが、11月29日(土)、横浜・パシフィコ横浜国立大ホールにて「2014-15 LEE JOON GI ASIA TOUR 」の横浜公演を開催した。

映画「王の男」では中世的な姿で「綺麗な男シンドローム」を巻き起こし、ドラマ「アラン使道伝」、初の父親役で話題となった「TWO WEEKS」、同時間帯視聴率1位となった「朝鮮ガンマン」など俳優として圧倒的な実力と人気を誇るイ・ジュンギ。

11月21日に日韓同時発売したミニアルバム「EXHALE」は、ファンに彼自身が愛する音楽世界を聞かせたいというコンセプトで制作され、R&Bから HIP HOP、EDM などさまざまなジャンルの曲をユニークな感性で表現。発売当日のオリコンデイリーランキングで2位に入り、これまで日本で発売した5枚のアルバムすべてがオリコンデイリーランキングで上位にランクインするなど、歌手としてもその才能を発揮している。

この日を待ちわびたファンの熱気が溢れる会場に、ステージ中段のセリ上がりからサングラスに黒いジャケットのイ・ジュンギが姿を見せると、割れんばかりの大歓声!ド派手な照明の中、アジアツアーの1曲目を飾ったのは「LOST FRAME」。ダンサーを従えながらパワフルなパフォーマンスを披露し、「横浜〜!」と力強く叫ぶと、続く「Closer」では銀テープも飛び出し、ステージ前半からアクセル全開。ファンもペンライトを高く振り上げ、会場のボルテージは一気に急上昇。

「皆さん本当にお久しぶりですね!会いたかったですか?」との問いかけに、ファンは「イェーイ!」と応じたが、「本当に会いたかった?みんな叫んで!もっともっと!」とさらに会場を煽り、ファンの歓声を求めるイ・ジュンギ。汗を拭いながら「暑い暑い」とサングラスを外しただけで、ファンからは絶叫のような黄色い歓声があがった。

「皆さん、楽しむ準備はできてますか?初日の横浜公演で、なんでこんなに声が小さいんですか?声が小さいと今日のプログラム、半分でやめちゃうよ(笑)」とファンをからかって反応を楽しむと、ファンは「アンデ〜(駄目)!」と大絶叫。イ・ジュンギはその声を聞くと「駄目じゃないよ。“ダメよ、ダメダメ〜”」と流行りのギャグを披露して会場を湧かせた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング