【公演レポ】「MR.MR」が「春の渋公単独ライブ」をファンにプレゼント! 「MR.MR 2014 Xmas LOVE Concert」開催!

Wow!Korea / 2014年12月15日 20時13分

「MR.MR」

12月7日(日)東京・K-Stage O!にて、韓国の5人組アイドルグループ「MR.MR」の「MR.MR2014 Xmas LOVE Concert」が開催された。

「MR.MR」は、“男の中の男”のキャッチフレーズのもと、2012年に「Who’s That Girl」で韓国デビュー。2013年9月「KMF2013」での初来日をきっかけに、2014年は「K-POP FESTIVAL 2014」、「MR.MRと恋する1週間」など日本でエネルギッシュに活動を展開。ことし9月には北海道・大阪・名古屋・東京・岩手と日本5大都市を巡るLive Tourを成功させ、真摯な姿勢と心を掴むパフォーマンスで、着実にファンを増やしている韓国男性5人グループだ。

チャリティー活動にも積極的に参加する彼らは、9月28日にGFSC広報大使として岩手県大船渡市を訪問。GFSC(Good Friends Save the Children) の文化芸術を通した東日本復興プロジェクトを応援するため、直接被災地に出向き“夢さんま祭り”での無料チャリティーライブやK-POPで学ぶ韓国語教室を行うなど、音楽を通して元気を届けた。そんな彼らが日本のファンと今年最後を一緒に過ごしたいと企画されたのが、ファンへ“愛”と“感謝”を贈る今回のコンサート。

一足早いクリスマスを「MR.MR」と過ごしたいというファンのときめきで満たされた会場は、オープニング映像の後で暗転するやいなや、メンバーの名前を呼ぶ熱い声に包まれ、ゴールドのポイントがあるスタイリッシュな衣装に身を包んだメンバーが登場すると、「Waiting for you」「Who’s that Girl?」と2曲続けてパワフルなパフォーマンスを披露。ジャケットの襟を掴むポーズではセクシーな視線を客席に投げかけ、ファンの心を奪い去った。

「お久しぶりです!男の中の男『MR.MR』です!」と全員で声をそろえた後、「僕はチャンジェです。どうぞよろしくお願いします」、「僕はリュです!お元気ですか!」、「僕は『MR.MR』のリーダーのジンです。どうぞよろしくお願いします〜!」、「僕はメインボーカル、テイです。うれしいですね!」、「僕は癒し系、ドヨンです。どうぞよろしくお願いします」とそれぞれ自己紹介。

リュが「東京の皆さん、お元気ですか!」と声をかけ、ドヨンも「僕たちは約束した通り、東京に帰ってきました!」と笑顔で客席を見渡した。チャンジェが「この会場は7月と9月にも使いましたよね」と振り返ると、「あの時は会場の雰囲気が熱くて、(ステージの)電気が切れたでしょ(笑)」とドヨンがファンを和ませた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング