俳優ヒョンビンら、ドラマ「ハイド・ジキル、私」台本読み風景公開

Wow!Korea / 2014年12月18日 21時38分

2日、SBS一山(イルサン)制作センターで行われたドラマ「ハイド・ジキル、私」の台本読みには、俳優ヒョンビン、ソンジュン、イ・ドックァ、、女優ハン・ジミンら出演者とスタッフが参加した。(提供:OSEN)

2日、SBS一山(イルサン)制作センターで行われたドラマ「ハイド・ジキル、私」の台本読みには、チョ・ヨングァン監督、脚本家のキム・ジウン、クリエーターのキム・ヨンヒョン、パク・サンヨンをはじめ、俳優ヒョンビン、ソンジュン、イ・ドックァ、、女優ハン・ジミンら出演者とスタッフが参加した。

一堂に会した出演者とスタッフは台本読みを始める前から、お互いの近況を話したり、あいさつをしたりと和やかな雰囲気を作っていた。

中でも主演のヒョンビンの集中力が際立っていた。ヒョンビンは同じ人物でありながら完ぺきに違う二つの人格を効果的に演じ分け、周囲は感嘆した。

ハン・ジミンは愛らしいサーカス団の団長チャン・ハナが目に浮かぶような演技力でスタッフから賞賛された。

およそ4時間にわたって行われた台本読みが終了すると、出演者とスタッフはお互いに感謝のあいさつを交わし、本作成功への意志を確認しあった。

ドラマ「ハイド・ジキル、私」は、この世で一番悪い男ジキルと、この世で二人といない優しい男ハイド、1人の男性の全く異なる二つの人格と恋に落ちる女性の三角関係を描くロマンティックコメディ。韓国で来年1月に放送開始する予定だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング