「JYJ」、10年間を支える揺るがない世界のファン…背景と理由

Wow!Korea / 2014年12月18日 22時43分

「JYJ」左からジェジュン、ユチョン、ジュンス(提供:OSEN)

人気グループ「JYJ」が日本でのドームツアー、韓国国内のコンサート、ファンミーティングなど多様な活動で忙しい年末年始を過ごしている。デビュー10年目を迎えても変わらず情熱的な「JYJ」に韓国国内はもちろん海外からの反応も熱い。

「JYJ」は日本公演ドームツアー「2014JYJ Japan Dome Tour~一期一会~」を開催中だ。

7月に国内で発売された正規2集「JUST US」が日本で正式に発売されていないにも関わらず、オリコンチャートを席巻し、アジア7カ国のiTunesチャートも1位になるなどグーロバルな人気を実証した。「JYJ」は11月に行われた東京ドームで10万人、12月13、14日の京セラドーム大阪では、7万5千人を動員する勢いを見せた。

公演を通してファンと接するしか機会はない。「JYJ」は毎年、継続的に公演を通してファンと会ってきたが、ことしは短い期間で多くの場所を巡るツアーを行い、アジアツアーが終わるとすぐに日本ドームツアーをするという、ファンにはうれしいステージをプレゼントしている。

「JYJ」のアジアツアーは8月ソウルを皮切りに、香港、北京、ホーチミン、成都、台湾、上海、タイと約2か月に渡って行われた。

「JYJ」は10年間変わらない完成度の高い公演と、歌手としての成長と実力、そして率直な気持ちを込めたステージを見せ、各地域で爆発的な反応を得た。忙しいスケジュールの中でも「今回のアジアツアーが短く感じられて残念だ。ツアーでファンの皆さんの愛を感じることができて、とても感謝しており、大きな力になった」と感想を伝えた。

そしてアジアツアーの熱気をそのままに行われた今回の日本でのドームツアー。その間には、ソウルでの「韓流フェスティバル」もあり、文字通り“東奔西走”あらゆる所に登場する「JYJ」に、ファンたちは絶え間なく熱狂。「JYJ」ファンの熱い思いは、押し寄せる波のように広がっている。

「JYJ」のファンミーティングは格別だ。ジェジュンは、来年迎える誕生日を日本と韓国のファンと一緒にお祝いする予定だ。来年1月21、22日には横浜アリーナで、ジェジュンはバースデーファンミーティング 「2015 KIM JAE JOONG J-PARTY IN YOKOHAMA」開催、26日にはソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で韓国のファンと会う。このニュースが最近、所属事務所C-Jesエンタテインメントを通じて伝わり、韓国をはじめアジア、ヨーロッパなど世界的なファンたちの関心を集めている。最近の音楽活動はもちろん、演技活動でも充実しているジェジュン。C-Jesエンタテインメントは、「世界中の多くのファンたちの問い合わせが殺到するものと見られる」と述べた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング