【速報公演レポ】「ToppDogg」、2015年を個性豊かなパフォーマンスでスタート!

Wow!Korea / 2015年1月7日 18時56分

ラップ、ボーカル、ダンスはもちろん、作詞、作曲、編曲、振付などもこなすオールマイティな13人組ボーイズグループ「ToppDogg」

1月6日(火)Zepp DiverCity TOKYOにて、ラップ、ボーカル、ダンスはもちろん、作詞、作曲、編曲、振付などもこなすオールマイティな13人組ボーイズグループ「ToppDogg」が、2015年第1弾ライブ「ToppDogg“ANNIEVERSARY”Concert~ANNIE~」を開催。

初来日公演となった2014年8月のショーケースでは、ダンス・パフォーマンスなどユニットごとの個性豊かなステージを披露し、多くのファンを魅了した。また、ショーケースに合わせて発売したアルバム「Amadeus」は、渋谷タワーレコードのデイリ―チャート1位を獲得。

更にデビューから1周年を迎えた2014年10月24日には、ファンへのメッセージが盛り込まれた「Anniversary」をリリースするなど今後の活躍が最も期待される実力派K-POPグル―プ。

年明けのお台場には、多彩な彼らのステージを見ようと多くのファンが集結した。

揃いのHip-Hopの衣装を着て、欠席のSeoGoongを除く12名のパワー溢れる「ToppDogg」が「Annie」で登場すると、会場中から大歓声が響き渡った。

カリスマ溢れるパフォーマンスで大ヒット曲「TOPDOG」、「Amadeus」はもちろん、ユニットに分かれてのラップ曲や、しっとりと聴かせたバラード曲など盛りだくさんの内容でファンを沸かせた。

「ファンと一緒に近くでもっと盛り上がりたい!」とメンバーの思いから、ステージを下りて会場中のファンと握手して歌ったり、ファンをステージに招待して近くで歌声を聴かせたり、スペシャルなサプライズに終始悲鳴が鳴り響き、至福の時間をプレゼント。

キレのある圧巻のパフォーマンスはもちろんのこと、メンバーそれぞれの個性と才能が感じられたステージは、多くのファンを魅了して大盛況で幕を閉じた。終演後行われた参加者とのハイタッチ会では、一人一人の顔を見ながら和やかな雰囲気の中行われ、ファンとの格別な時間を持った。

「ToppDogg」は翌7日も、Zeep DiverCity TOKYOにてライブを行う。

詳しいレポートは後日掲載いたします。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング