「JYJ」ジュンス、詐欺容疑で告訴される…本格的な捜査へ

Wow!Korea / 2015年1月7日 21時24分

人気グループ「JYJ」メンバーのキム・ジュンスが代表を務めるホテルの工事を請け負った業者が「工事代金を受け取っていない」とし、ジュンスを告訴した事件を江南警察署が捜査することになった。(提供:news1)

人気グループ「JYJ」メンバーのキム・ジュンス(28)が代表を務めるホテルの工事を請け負った業者が「工事代金を受け取っていない」とし、ジュンスを告訴した事件を、ソウル江南(カンナム)警察署が捜査することになった。

ソウル江南警察署は、CJ建設と天地総合建設が詐欺容疑でジュンスを告訴した事件を、済州(チェジュ)東部警察署から移達され、本格的な捜査に入ることを7日明らかにした。

警察は先月23日に事件を移達され、関連記録を検討し、告訴人の取り調べを実施するなど本格的な捜査に入る方針だ。

CJ建設と天地総合建設は、2012年1月から2014年8月まで済州トスカーナホテルの工事を請け負っていた。

2社はホテルが完工された後、開場式を行って運営していたが、工事代金をもらっていないとし、先月12日にジュンスを詐欺容疑で済州東部警察署に告訴した。

済州東部警察署は記録を検討した後「全ての金銭取引がソウルで行われている」とし、事件を江南警察署に移達した。

ジュンスが経営するホテルの一部が仮差し押さえをされたりもした。済州地裁は昨年11月12日にCJ建設と天地総合建設がジュンスを相手に出した貸与金支給命令申請について「キム・ジュンスは天地総合建設に30億3587万ウォン(約3億3000万円)を、CJ建設株式会社に18億7670万ウォン(約2億285万円)を支払え」と命令した。

裁判所は、CJ建設がジュンスを相手に起こしたトスカーナホテルの一部不動産に対する仮差し押さえ申請も受け取った。

ジュンスが所有するトスカーナホテルは、2つの建設会社から金を借りたことはないと主張している。建設会社から会計資料用として必要だとし、借用証を書いただけだという。

また天地総合建設とCJ建設が工事資材費を着服したという証拠を確保したと反論もしている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング