映画「豚のような女」ファン・ジョンウム、「タイトル通り太りました」

Wow!Korea / 2015年8月31日 19時31分

女優ファン・ジョンウムが、映画「豚のような女」のタイトルロールで撮影中に太っていった様子を明かした。(提供:OSEN)

女優ファン・ジョンウムが、映画「豚のような女」のタイトルロールで撮影中に太っていった様子を明かした。

31日午後、ソウル・大韓劇場にて、映画「豚のような女」のマスコミ試写会及び記者歓談会がおこなわれ、チャン・ムンイル監督、女優ファン・ジョンウム、チェ・ヨジン、パク・チンジュ、俳優イ・ジョンヒョクが出席した。

ファン・ジョンウムは「この世で一番かわいいキャラクターだと思う。楽だった。メークの時間も短かった」と、劇中で純朴な田舎娘として登場したジェファに対する愛情を見せた。続けて「タイトルが重要なのは、地方で撮影しながら、おいしいものをたくさん食べたので、タイトル通り太った。だからジョンヒョクさんとヨジンさんが『背中や首が太ったのか?』とからかわれた」と明かした。

また撮影中に豚と長い時間過ごしたことについて「動物が好きだ。すごくかわいかった。ムチムチしていて飼いたいと思った」と感想を述べた。

映画「豚のような女」は海辺の町に唯一いる独身男性ジュンソブ(イ・ジョンヒョク)をめぐり、3人の独身女性が繰り広げる“男争奪戦”を描いた愉快な漁村ロマンス。ファン・ジョンウムが、恋も家族も逃さないようにとパワフルな“豚のような女”主人公ジェファを熱演する。韓国で9月10日に公開。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング