「f(x)」エンバ、デビュー6周年の決意「私たちはもっと強くなる」

Wow!Korea / 2015年9月5日 21時19分

人気ガールズグループ「f(x)」がデビュー6周年を迎えた中、メンバーのエンバが胸につかえた本音を吐露した。(提供:OSEN)

人気ガールズグループ「f(x)」がデビュー6周年を迎えた中、メンバーのエンバが胸につかえた本音を吐露した。

エンバは5日、Twitterに「7年前、自分の夢を求めて韓国に向かう飛行機に乗った。周りの人は私のことをおかしくなったと言った。良くないこともたくさん言われたが、まさに皆さん、ファンの皆さんがその夢を叶えられるように手伝ってくれた。皆さんは、私ができると思わなかったことをできるようにしてくれた」と掲載した。

続けて「ファンの皆さんがいなかったら、『f(x)』は何でもない!本当にありがとうございます。『f(x)』はこれまで以上にすごくなってみせる。私たちのグループは強くなってポン!と帰って来るつもりだ。『f(x)』の6回目の誕生日、おめでとう!」というメッセージで感激させた。

2009年に「LA chA TA」でデビューした「f(x)」は、最近ソルリの脱退で4人組になった。「Hot Summer」や「ピノキオ」、「Electric Shock」、「初めての親知らず(Rum Pum Pum Pum)」など出す曲全てをヒットさせた彼女たちは、4人組でのカムバックを控えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング