≪ドラマNOW≫「ラスト」ユン・ゲサン、イ・ボムスの計略を知る

Wow!Korea / 2015年9月5日 22時14分

ドラマ「ラスト」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

5日に放送されたJTBCドラマ「ラスト」では、テホ(ユン・ゲサン)がミジュ(パク・イェジン)の所へ行き、テドンバイオ事件と関連したフンサム(イ・ボムス)の計略を尋ねる姿が描かれた。

ミジュは自分をソウル駅の奈落に突き落としたテドンバイオ事件について尋ねるテホの質問に答えた。ミジュは、テホがソウル駅に来るずっと前からクァク会長のわなにかかったと話し始めた。実は、テドンバイオのチョン社長がクァク会長に買収され、作戦当日に解いた量を回収し、隠していたのだった。結局、テホは初めから失敗する作戦に投げ込まれたのだった。

フンサムの計略を全て知ったテホは、「50億が飛んだというのも嘘だろう。中間で物量を抜いたんだ。差額もそっくりそのまま着服してるだろうし、初めからチョン社長をからかったんだ」とし、「クァク会長らしいな。緻密で完ぺきだ。そんなことも知らずに先輩まで引き連れた。やりたくないと言ったのに、気が乗らないと言ったのに」と、自分のせいで犠牲になった先輩を思い出して苦しんだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング