JYPの新人女優シン・ウンス、映画「隠された時間」でカン・ドンウォンと共演

Wow!Korea / 2015年10月14日 15時30分

JYPエンターテインメントの新人女優シン・ウンスが俳優カン・ドンウォンの相手役に選ばれた。(提供:news1)

JYPエンターテインメントの新人女優シン・ウンスが俳優カン・ドンウォンの相手役に選ばれた。

シン・ウンスは来年公開予定の映画「隠された時間」でカン・ドンウォンと息を合わせる。

劇中、シン・ウンスは失踪したが数日ぶりに大人の姿で戻ってきたソンミン(カン・ドンウォン)と特別な関係を共有する少女スリン役を担う。

特にシン・ウンスは300分の1の競争率をくぐり抜け、堂々と配役を手にしたという。

制作会社は「シン・ウンスは新人だが、少女らしい澄んだイメージと豊かな感性、しっかりとした存在感で関係者を魅了させ、満場一致で破格のキャスティングが実現した」と明かした。

一方、「隠された時間」は友人と共に出かけた山で、翌日1人で救助された少女と、数日後大人になった姿で現れた少年の間で繰り広げられる物語を描いたファンタジーラブストーリーだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング