歌手ファン・チヨル、中韓文化広報大使に“新韓流アイコン”

Wow!Korea / 2016年3月26日 10時50分

韓国歌手ファン・チヨル(33)が中韓文化広報大使に任命された。(提供:OSEN)

韓国歌手ファン・チヨル(33)が中韓文化広報大使に任命された。

所属事務所HOWエンターテインメントは25日、「ファン・チヨルが駐上海大韓民国総領事館文化処(駐上海韓国文化院)の中韓文化広報大使に任命された。駐上海韓国文化院のキム・ジンゴン院長が庁舎を訪れ、ファン・チヨルに任命状を授与した」と明らかにした。これにより、歌手ファン・チヨルは今後1年間、中韓両国の文化交流活性化および両国民の友好増進に力を添える予定だ。

歌手ファン・チヨルは「中韓文化のメッセンジャー役となる広報大使に選ばれ光栄だ。今後、韓国の優秀な文化を中国に広め、韓国に対する理解を助けられるよう努力する」と心境を伝えた。

駐上海韓国文化院は文化体育観光部所属で、中国人に韓国文化を伝えるために2007年7月に開設、韓国に関する多様な情報を分かち合い体験できる場所だ。

歌手ファン・チヨルは今年1月に初放送された「我是歌手4」に出演し、現地で大人気を博した。こうした人気から最近はロッテ百貨店の広告モデルに抜てきされるなど、新たな韓流アイコンとして浮上している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング