JYP×ソニー・ミュージック、全員日本人のガールズグループ制作開始…パク・チニョンが来月会見へ

Wow!Korea / 2019年1月29日 14時51分

JYP×ソニー・ミュージック、全員日本人のガールズグループ制作開始…パク・チニョンが来月会見へ(提供:OSEN)

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントが日本のソニー・ミュージックと手を結び、日本現地でガールズグループ制作に乗り出す。

これに関連し、JYPのCCOパク・チニョン(47、パク・ジニョン)は来月7日、東京のソニー・ミュージック本社で記者会見を開き、日本ガールズグループ制作に関する構想や展望を明かす予定だ。

JYPとソニーの合同プロジェクト「GIRLS GROUP PROJECT」はパク・チニョンが昨年7月、ソウル市内で開かれた「2018 Macquarie Emerging Industries Summit」での特別講演で言及していた。

当時パク・チニョンはJYPの未来ビジョンを“JYP 2.0”というタイトルのもと「COMPANY IN COMPANY」、「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」、「JYP MUSIC FACTORY」、「CREATIVITY FROM HAPPINESS」の4テーマで構成したと説明したが、今回のプロジェクトは「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」に含まれる。

パク・チニョンは「第1段階のK-POPは韓国コンテンツを海外に輸出することで、第2段階は海外の人材を発掘し韓国のアーティストと組み合わせること(その初の事例がタイ出身の米国人ニックン)だった。これから目指す次の段階は海外で人材を育成しプロデュースすること」と見据えた。続けて「これに該当するJYPの初プロジェクトが平均年齢13歳の6人組中国アイドルグループ・Boy Story」とし、「全員が日本人のガールズグループも準備中だ。日本人メンバーで構成したTWICEだと考えていただければよい」と明かした。

今夏、日本国内外で「GIRLS GROUP PROJECT」に向けた大規模オーディションが開催される予定だ。JYPとソニーの「GIRLS GROUP PROJECT」はJYPが日本で進行する「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」の具体化した姿であると期待が寄せられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング