バイセクシャル告白のソム・ヘイン、校内暴力の加害者?  「話題をそらすため、カミングアウトしたのではない」

Wow!Korea / 2019年8月14日 9時48分

バイセクシャル告白のソム・ヘイン、校内暴力の加害者?  「話題をそらすため、カミングアウトしたのではない」(画像:ソム・ヘインのSNS)

先ごろバイセクシャルであることを告白し、話題を集める韓国モデルで歌手のソム・ヘイン(22)が、自身を取り巻くうわさについて口を開いた。

ソム・ヘインは14日午前、自身のSNSに長文を投稿。ソム・ヘインは該当の文章を通して、「過去に校内暴力の加害者だったとのうわさを”覆い隠す”ために自身がバイセクシャルであることを告白したのではない」と伝えた。

先月31日、同性の恋人と交際中であることをSNSを通して公表したソム・ヘイン。以降、ポータルサイト検索語で1位になるなど話題の人となっていた。

これより前、ソム・ヘインはMnet「アイドル学校」に出演していた当時、「過去、ソム・ヘインに校内暴力を受けていた」と主張する人物が登場。「マイクで叩いて唾を吐いた床にひざまずかせて、ハイヒールで踏みつけられた」など過去の出来事を暴露し、ソム・ヘインの暴力加害者説が浮上していた。

今回、自身をバイセクシャルと明かして話題の人物となることで、暴力の加害者という話題をそらす目的があるのでは、と推測するネットユーザーが現れた。そのため、ソム・ヘインは釈明にでたとみられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング