【イベントレポ】ジュンス、東京ファンミーティング大盛況!  「いただいた愛と声援はステージでお返しします」

Wow!Korea / 2019年9月24日 12時45分

除隊後初となるファンミーティングを大阪と東京で開催したジュンス

ジュンスが、除隊後初となるファンミーティングを大阪と東京で開催。タイトルの「HOME PARTY」には、ファンと過ごす時間を何よりも大切にしているジュンスが、ファンとホームパーティーをするように笑顔のあふれるくつろいだ時間を作りたいという思いがこめられている。

「皆さん、こんばんは」と言いながら登場したジュンス。大歓声の中、「露を宿した木」でオープニングを飾った。背景の映像では、合わせて幻想的な景色が広がり、歌の世界を演出。

「僕と会いたかったですか? 今日は楽しい時間になるように、頑張ります」と改めてあいさつすると、ペンライトが拍手と共に綺麗に揺れる。舞台右には、自宅さながらのソファーとテーブルが置かれ、腰掛けてMCとトークがスタート。「日本語が下手になっちゃって、緊張します」とジュンスは打ち明けるが、まったく気にならないほど、変わらず流暢だ。「初めて僕に会いに来た方はいらっしゃいますか?」と尋ねるとあちらこちらから手が挙がり、「多いな!(たくさんアーティストがいる中で)なぜ今さら僕を選んだの?」とさっそく会場を笑いで和ませる。会場が千葉だったこともあり、台風被害を心配していたようで「皆さんの元気な姿を見て少しホッとしました」と話し、温かな拍手に包まれた。

オープニングでも流れた映像は、実際に韓国で住んでいる自宅だというジュンス。そしてその続きが流れると、豪華・豪華・豪華な部屋にファンは終始驚きの声をあげる。ステージ上にビジョンは3画面設置されており、両サイドにはステージ上のジュンスが映されている。自宅を紹介している自身が恥ずかしいのか、時折顔を覆って爆笑したりと、その様子も手伝って笑いの絶えない時間となった。除隊してからは、「静かな時間を好むようになった」と言い、今は寂しいという感情も含めて楽しんでいるんだとか。そして、ここで“お部屋のBGM代わりに”と東京公演のために準備したという「Lean on me」を歌唱した。

再び流れた映像では、ミュージカル「エクスカリバー」の歌稽古の様子が。ジュンスが初参加の日だったにもかかわらずどんどん稽古が進み、戸惑っているかわいらしい姿が微笑ましい。共演している俳優陣から激励メッセージが紹介された後、ファンから役名の「アーサー!」と呼ばれ、衣装替えをしたジュンスが登場。「僕のミュージカルを観に来てくださっている方はいますか?」という質問にはほとんどのファンが挙手。そしてMCから「カーテンコールの時に、日本のファンがいると分かるんですか?」と聞かれると「はい、すぐ分かります(笑)!」と即答。「韓国や他の国のファンの方達は、両手を大きく振ってアピールされるんですけど、日本のファンの皆さんは胸元で両手を合わせてこちらを見つめてるんです」と説明すると、心当たりがあるのか、会場から大きな笑いが起きていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング