ク・ハラさん、親友の故ソルリさん死去から42日目となる昨日(11/24)他界へ…

Wow!Korea / 2019年11月25日 1時25分

ク・ハラさん、親友の故ソルリさん死去から42日目となる昨日(11/24)他界へ…(提供:news1)

故ソルリ(享年25、元(fx))さんの死亡の衝撃が癒されぬまま、親しい同僚として知られたク・ハラさん(28、元KARA)も死亡し、大衆と芸能界からの衝撃が大きい。

ソウル江南(カンナム)警察署は今月24日6時9分ごろにク・ハラさんがソウル江南区清潭洞(チョンダムドン)の自宅で息を引き取ったまま発見されたと明らかにした。警察は現在詳細な事件経緯を捜査中だ。

ク・ハラさんの関係者も同日「とても悲しく残念なニュースを伝えることになった。故人が最後に行く道に深い哀悼を表する」と公式的にク・ハラさんの死亡のニュースを伝えた。

ク・ハラさんの突然の死亡の悲報に大衆は大きな衝撃を受けた。最近日本での活動を活発に行ってきており、SNSを通じてもファンたちと頻繁コミュニケーションを図っていたために残念でならない。

亡くなる1日前の今月23日にもク・ハラさんはSNS活動でファンたちと疎通を図っていた。

特に今回の悲報はク・ハラさんの芸能界の親友として知られた故ソルリさんの死亡事件による余波が続いている中で伝えられたことで衝撃をさらに加えている。

ソルリさんが今年10月14日に京畿道(キョンギド)城南市(ソンナムシ)にある自宅で息を引き取ったまま発見された。当時ク・ハラさんはSNSを通じてソルリさんの死を哀悼した。

彼女は「ソルリちゃん、私が日本にいるからそちらに行けなくてごめんね。このようにあいさつするしかできなくてごめんね」とし「そこであなたがやりたいことをして幸せになるんだよ。あなたの分まで一生懸命生きる」と述べた。

涙を流しながら悲しむク・ハラさんの姿にファンたちの心配が寄せられると彼女は、「皆さん、私は大丈夫です。私がソルリちゃんと親しい間だから、こんなふうに代わりにソルリちゃんにあいさつしたかった」とし「ごめんなさい。皆さん、心配しないでください」と答えた。

「あなたの分まで懸命に生きる」と述べたク・ハラさんだったが、ソルリさんの誹謗が伝えられてから42日目に結局残念なニュースを伝えることになった。

これに芸能界も悲しみに暮れた。女性ソロ歌手のチェ・リナはSNSに「本当にとても悲しい。本当に狂おしいくらい。あまりにも美しい後輩をまた見送った」という文を記載した。また女性グループ「T.T.MA(ティティマ)」出身の女優キム・ソイや歌手で女優のハリスも哀悼の文を公開した。

ク・ハラさんは2008年に「KARA」のメンバーとしてデビューし、キュートなイメージで愛された。ク・ハラさんの合流後「KARA」は、「Rock U」、「Good day」、「Pretty Girl」、「Honey」、「ミスター」、「LUPIN」などの楽曲をヒットさせ高い人気を誇り、日本での活動もまた活発に行った。2015年にはソロとしてデビューし、「Choco chip Cookies」を発表し、その後多数のドラマOSTに参加もした。

またク・ハラさんは女優活動やバラエティ番組でも頭角を現した。SBSのドラマ「シティーハンター」を通じて女優として活動したことはもちろん、KBS 2TVの「青春不敗」やOliveTV「ソウルメイト」などのバラエティ番組でも活躍し知名度を上げた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング