【全文】「MOMOLAND」側「デイジーの主張はとんでもない疑惑…KBSに謝罪・訂正報道を要請」

Wow!Korea / 2020年1月8日 16時36分

【全文】「MOMOLAND」側「デイジーの主張はとんでもない疑惑…KBSに謝罪・訂正報道を要請」(提供:OSEN)

韓国ガールズグループ「MOMOLAND」側が「KBSニュース9」を通じて提起されたメンバー選抜過程での操作疑惑について、「偏向報道に対する正式謝罪と訂正報道を要請した」と追加の立場を明らかにした。

所属事務所MLDエンターテインメント側は8日午後、公式報道資料を通じて「『KBSニュース9』を通じて提起された一方的な主張はとんでもない疑惑」とし「当社は法務チームを通じて、裁判所と言論仲裁委員会にKBS側の偏向報道に対する正式謝罪要請と迅速な訂正報道要請を行った」と伝えた。

先立って「KBSニュース9」は去る7日の放送を通じて「MOMOLAND」のメンバーだったデイジーがメンバー選抜過程で不正行為があったと主張する内容を報道。デイジーは2016年7月から2か月間放送されていたMnet「サバイバル MOMOLANDを探して」のメンバー選抜過程での疑惑を提起した。

以下、MLDエンターテインメント(以下、MLD)側の公式立場全文。

こんにちは。MLDエンターテインメントです。

去る7日、「KBSニュース9」を通じて提起された当社関連の偏向報道に対する立場を申し上げます。

放送を通じて一方的に主張された疑惑についてお答えします。

1.Mnetサバイバル番組「MOMOLANDを探して」の当落が発表された日(2016年9月3日)、脱落したデイジーに「MOMOLAND」としての合流時点を具体的に提示し、ひそかに提案しました。

―決して事実ではないことを明らかにします。先立って立場を発表したように、当時番組最終ラウンドで脱落した練習生は契約解除をすることになりました。デイジーも審査委員及び視聴者の評価を通じて、脱落者に選ばれ、練習生契約解除をしなければならない状況でしたが、デイジーの潜在的な可能性を高く判断した代表取締役は「デビュー組」ではなく、「練習生」としての残留を勧めただけです。

「MOMOLAND」(2016年11月10日デビュー)としての合流の勧誘は「2016年11月末」ミーティングを通じて初めてあり、その後、デイジーは「2017年3月」、「MOMOLAND」として合流するため、アーティスト専属契約を結びました。

2.昨年5月活動再開の意思を明かしたが、黙殺され8か月以上放置された。

―デイジー側が主張する昨年5月から8か月間、当社所属グループ「MOMOLAND」は正式韓国アルバム発売活動を進行したことはありません。MOMOLANDは「2019年3月20日」、5thミニアルバム「I’m So Hot」を最後に約9か月間、ユニット活動を除いてはいかなる活動もできませんでした。その背景にはデイジー側との対立があります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング