「SEVENTEEN」、日本新曲「24H」の音源とMV先行公開…グローバル人気アイドル

Wow!Korea / 2020年8月25日 8時16分

「SEVENTEEN」の日本新曲「24H」の音源とミュージックビデオが先行公開された。(提供:OSEN)

「SEVENTEEN」の日本新曲「24H」の音源とミュージックビデオが先行公開された。

「SEVENTEEN」は来月9日、日本二番目のミニアルバム「24H」の発売を控えて24日午後、全世界の各種音源サイトと日本公式YouTubeチャンネルを通じて同名のタイトル曲「24H」の音源とミュージックビデオを先行公開し正式発売前から熱い反応を得ている。

公開されたミュージックビデオは、「SEVENTEEN」の魅力的なボイスと最強のビジュアル、様々な表情演技で開始と同時に視線を一気にひきつけ、乱れのないキレのある群舞で果敢なカリスマを発散、ユニークな魅力で世界のファンを魅了した。

特にタイトル曲名「24H」にふさわしく、時計の針を連想させるパフォーマンスはもちろんのこと、様々な空間にいる「SEVENTEEN」メンバーが一つの線でつながる姿で曲のメッセージを象徴的に表現した。これに加え、感覚的な映像美で圧倒的なスケールのミュージックビデオを完成させて強烈な没入感をプレゼントした。

メンバーウジが作詞、作曲に参加した「SEVENTEEN」の日本のミニ2集タイトル曲「24H」は、「時計の時針と分針のように、異なる道を歩んでいても、いつかは運命のように必ず出会うことになる」という、メッセージを込めた曲で、先行公開と同時に、ラインミュージックリアルタイムチャート最上位圏を占めて高いグローバルな人気を証明したもの。

「SEVENTEEN」は、4月に発売した日本二番目のシングル「舞い落ちる花びら」で日本レコード協会が発表した「ゴールドディスク認定作品」として、50万枚以上の累積出荷量を記録し、ダブルプラチナを認証受け「オリコン上半期ランキング」のシングルランキングでは、TOP10内の唯一の韓国アーティストとして名前を上げるなど毎回のアルバムで記録更新を続けている。

「SEVENTEEN」が出演する「2020 FNS歌謡祭」は、26日午後6時30分から放送され、「SEVENTEEN」は30日午後6時、オンラインライブストリーミングで進行されるファンミーティング「SEVENTEEN in CARAT LAND」で全世界のファンと会う予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング