≪韓国ドラマNOW≫「青春の記録」1話、パク・ボゴム、キム・ヘユンとキム・ゴヌの恋愛関係をこじれさせビンタを食らい登場

Wow!Korea / 2020年9月7日 22時45分

≪韓国ドラマNOW≫「青春記録」1話、パク・ボゴム、キム・ヘユンとキム・ゴヌの恋愛関係をこじれさせビンタを食らい登場(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

パク・ボゴムが同僚俳優のキム・ゴヌに暴行をされながら登場し注目を集めた。

7日に韓国で放送されたtvN新月火ドラマ「青春の記録」では、サ・ヘジュン(パク・ボゴム)がアルバイト中に同僚俳優から暴行を受けた。

ボディーガードのアルバイトに向かったサ・ヘジュンはパク・ドハ(キム・ゴヌ)の控室に入ろうとするイ・ボラ(キム・ヘユン)を止めた。しかしイ・ボラは諦めなかった。これにサ・ヘジュンは「ファクトを教えてあげる」と、パク・ドハが言った話をそのまま伝えた。

しかしそれにもかかわらずイ・ボラは入ろうとし、これにサ・ヘジュンは「体で食い止めようとした時に敵わなかったらどかなければ」とイ・ボラを中に入れた。

イ・ボラはパク・ドハの頬を殴りながら「別れよう。あなたではなく私が終わらせるの」と厳しく忠告した。パク・ドハはイ・ボラをちゃんと阻止できなかったソ・ヘジュンの頬を殴った。

パク・ドハは「お前、見慣れた顔だったから検索してみたらモデルだった。どうしてそうなったのか」と述べた。これにサ・ヘジュンは「僕がため口をきいたから驚いたのか。僕もお前を検索してみたが同い年だった」と言ったが、パク・ドハの拳をよけることなくそのまま殴られた。

一方、アン・ジョンハ(パク・ソダム)はキム・イヨン(シン・エラ)教授のメーキャップをすることになった。しかし担当メイクアップアーティストはこれを牽制し、「大企業で勤めてきたら何をやっても許されるか。他人の顧客を奪う子は長く続いた試しがない。またこのような事が起こったら、大企業に勤めていたほうがマシだったと思わせてやる」と嫉妬する姿を見せた。

アン・ジョンハはサ・ヘジュンのファンとしてわざわざ彼と会おうと努力するよりは、自然に出会うことができる機会を探った。アン・ジョンハはサ・ヘジュンの写真を見ながら「今日私は、あなたに対するファン心で一日耐える。あなたもよく頑張っているでしょう?」と言った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング