≪韓国ドラマNOW≫「アリス」6話、チュウォンが“連続殺人犯”を制圧するか…キム・ヒソンが死に直面

Wow!Korea / 2020年9月13日 0時27分

≪韓国ドラマNOW≫「アリス」6話、チュウォンが“連続殺人犯”を制圧するか…キム・ヒソンが死に直面(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

12日午後に放送されたSBS「アリス」第6話では「パク・ジンギョムが92年の事件を調査している」と、パク・ジンギョム(チュウォン)を警戒するキ・チョルアム(キム・ギョンナム)、オ・シヨン(ファン・スンオン)、ユ・ミンヒョク(クァク・シヤン)の姿が描かれた。

この日、オ・シヨンはユン・テイ(キム・ヒソン)に言及し、カードの秘密を暴露したのではないかと疑った。すると、ユ・ミンヒョクは「92年の事件を知る人は何人にもならない」と、意味深長な表情を浮かべた。さらに、ユン・テイは自身の研究所を訪れたパク・ジンギョムに「今日私が話すことはどこかに行って話してはならない」、「研究所を出る時に秘密維持契約書を書いて知らせれば、埋葬される」と告白した。しかし、パク・ジンギョムはユン・テイの話を聞くやいなや過去のことを取り上げ、「秘密にすることにした約束を守る事ができないようだ」と話した。

パク・ジンギョムはソク・オウォン(チェ・ウォンヨン)の胸ぐらを掴み、「ユン教授に意図的に接近したんでしょう?あなたが研究したのは何だ。僕の母の死とどんな関係があるのか」と叫んだ。しかし、ソク・オウォンは淡々としていた。ソク・オウォンは「まだ申し上げることができない。今言っても信じられないだろう」と明らかにした。これにパク・ジンギョムは「私の話をちゃんと聞いて。何の目的でこうしているのか分からないが、少しでも怪しい点が見つかれば、あなたから逮捕するんだ」とソク・オウォンとの葛藤を予告した。

キム・ドヨン(イ・ダイン)はパク・ジンギョムとユン・テイの関係に嫉妬した。パク・ジンギョムの車の中にユン・テイがプレゼントしたUSBが挿入されていた為だ。「また会ったの」とパク・ジンギョムを横目でにらみつけたキム・ドヨンはUSBを返す為にユン・テイの研究室を訪問した。ユン・テイは「この尊い場所に捏造した方がどうして来たのか?」と言い、キム・ドヨンを警戒した。

また、ユン・テイは「ジンギョムにこんな物をあげた理由は何か?」というキム・ドヨンの言葉に、「私、刑事さんに関心がない。本当に理解ができない。あんな男のどこが良いのか?」とぶっきらぼうに答えた。キム・ドヨンは「知らないみたいですね。ジンギョムが私とたった2人きりのときは違います。とても甘くて糖尿病にかかるかと心配な程です」と嫉妬心を誘発した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング