「TREASURE」、振り付け映像でYG新社屋内部を初公開…視線を奪う最先端の機器たち

Wow!Korea / 2020年9月30日 7時1分

YG新社屋の内部が初公開された。(画像提供:OSEN)

YG新社屋の内部が初公開された。大型新人「TREASURE」の「I LOVE YOU」振り付け映像を通じてだ。

YGは最近、新社屋移転のニュースを正式に発表した。 8年間入念に準備し完成したYG新社屋は、内部の面積が6千坪で、以前の社屋に比べて10倍の規模だ。

建物の外観やデザインは以前から知られていたが、内部は一度も公開されたことがなかった。今回の「I LOVE YOU」振り付け映像に自然に公開された新社屋練習室は、多くのコメントを介してすでにグローバルファンたちの大きな関心と好評を得ている。

YG側は「『TREASURE』のデビュー曲『BOY』の振り付け映像を撮影してみると、12人の動線を消化するには、以前の練習室は狭くメンバーが不便だと感じた」とし「まだ仕上げの内装工事が進行中で多少無理があったが、『TREASURE』メンバーたちの円滑な振付動線のためやむを得ず最初に使用した」と伝えた。

12人の「TREASURE」のメンバーは、大型LEDスクリーンが設置された新社屋練習室で、さらに自然で快適な表情で「I LOVE YOU」振付パフォーマンスを存分に披露した。

ワンショットワンテイク手法で撮影されただけに一層広くなったダンス練習室の規模を推測することができる。また、LEDスクリーンを介してミュージックビデオに登場した3Dモーショングラフィックスとネオンライトを演出することで、「TREASURE」のダイナミックな振り付けに華やかさを加えた。

カムバックを目前にした「BLACKPINK」など、今後公開されるYG所属歌手たちの振付映像がすでに大きく期待されている部分だ。

YG新社屋には、7つのダンスの練習室が設置された。各練習室に所属歌手らの名前が付いたという点が特徴だ。

「TREASURE」が今回の振り付け映像を撮影したのは、最大の練習室の一つである「BIGBANG」の練習室。すぐ隣には「BLACKPINK」の練習室があり、「TREASURE」という名前の練習室も別に用意されているとYGは説明した。

YG側は「徹底した防音設備と12人が同時に使用できるワイヤレスマイク施設など最先端の音響施設が適用されており、所属アーティストたちの満足度が非常に高い」と述べた。

デビューしてから1か月半を少し超えた「TREASURE」は、18日に2ndシングルアルバム「THE FIRST STEP:CHAPTER TWO」を発表し、猛烈な勢いでグローバル市場での影響力を拡大している。

タイトル曲「I LOVE YOU」は、音源発売当日、9カ国のiTunesトップソングチャート1位を占め、日本の主要音源サイト楽天ミュージックとラインミュージック最新週間チャートでそれぞれ1位、3位を上げて安定した人気を確認した。

YG側は「休むことなく走ってきた『TREASURE』の再充電のために9月30日から秋夕連休の5日間、一切のスケジュールを入れなかった」とし「特に『練習室立ち入り禁止』という面白い指針で完全な休息期間を勧告した」と述べた。

「TREASURE」12人のうち、日本出身のメンバー4人(ヨシ、マシホ、アサヒ、ハルト)は、新型コロナの影響で日本への帰国が難しい状況のため、韓国人メンバーが彼らを実家に招待して休暇を過ごすこという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング