≪韓国ドラマNOW≫「九尾狐伝」3話、キム・ボム、「イ・ドンウクと腹違いの兄弟…一緒に地獄に行く」と緊張感を誘う

Wow!Korea / 2020年10月15日 0時23分

≪韓国ドラマNOW≫「九尾狐伝」3話、キム・ボム、「イ・ドンウクと腹違いの兄弟…一緒に地獄に行く」と緊張感を誘う(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「九尾狐伝」でキム・ボムがイ・ドンウクと地獄に行くと歯を食いしばった。

今月14日午後、韓国で放送されたtvN水木ドラマ「九尾狐伝」で、九尾狐のイ・ヨン(イ・ドンウク)とプロデューサーのナム・ジア(チョ・ボア)は島を訪れ、銀河号事件を暴いた。

この中で乗組員たちが謎の事故で命を失うと、ナム・ジアは九尾狐のイ・ラン(キム・ボム)を疑った。イ・ランは銀河号事件で亡くなった父親を恋しがる娘を誘った。

この時にナム・ジアは乗組員の家の中で竜神の絵を発見し、「普通の竜神の絵とは違う。足がない。足のない竜は何だろう」と言った。イ・ヨンは「これは竜ではなくヘビだな」と悟った。

イ・ランは謎の女性に出会い、「ここに本当にそれが眠っているのか?」と尋ねた。「不徳な者たちの王、イリョン様よ」という答えを聞き、「名前の前にあの世の代名詞をつけると大蛇が人になるのか」と嘲笑した。

イ・ランはイ・ヨンの悪縁に対する率直な気持ちを打ち明けた。「イ・ヨンと血を分けた兄弟ではないか」と聞かれたイ・ランは「兄弟だ。正確には腹違いの兄弟だが」と明かした。

イ・ランは「山神の時、イ・ヨンに会ったことがある。口が達者で利他心というものはまったくなかった。でもリンゴをひとつ切って食べるにしても、僕にはいつも大きい方をくれた。今も思い出す。あの甘みを」と語った。

それとともに「その優しい手で僕の腹を斬ったんだ。その傷とは比べ物にならないほど僕の心が傷ついている」とし、「僕はキツネだから恩返しをしっかりしないと。僕は地獄に行くようだ。イ・ヨンと一緒に」と言って、緊張感を誘った。

一方、「九尾狐伝」は都市に定着した九尾狐と彼を追うプロデューサーの物語を盛り込んだファンタジードラマで、毎週水・木曜日午後10時30分から韓国で放送されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング