「BLACKPINK」音楽番組連続1位…米ビルボードアーティストの威厳

Wow!Korea / 2020年10月15日 7時10分

「SHOW CHAMPION」で「BLACKPINK」がカムバックと同時に、また1位を獲得してビルボードアーティスト100の1位の威厳を誇った。(画像提供:OSEN)

「SHOW CHAMPION」で「BLACKPINK」がカムバックと同時に、また1位を獲得してビルボードアーティスト100の1位の威厳を誇った。

14日放送されたMBCの音楽番組「SHOW CHAMPION」で「BLACKPINK」が出演せず、1位となった。

この日、「BLACKPINK」の「Love sick Girls」、「Stray Kids」の「Back Door」、「Golden Child」の「Pump It Up」は、「THE BOYZ」の「The Stealer」、Aileeの新曲「When We Were In Love」1位候補激突を予告した。

まず、「cignature」は「ARISONG」という曲で爽やか溌剌なメロディーに「cignature」メンバーたちラブリーな魅力が増した舞台を飾った。

「cignature」のタイトル曲「ARISONG」はEDMとトラップが混ざったアップテンポの曲だ。好きな男の心を不思議がり、彼の頭の中を探索することを想像をして、彼の心を得るために努力する少女の姿を4次元的に解いたかわいい歌詞が印象的だ。

スーパールーキー「WEi」のデビュー舞台が作られた。サブタイトル曲「導火線」を皮切りに、ホットデビューを果たした「WEi」はカリスマあふれるカル群舞とパフォーマンスを広げて男性的な魅力を発散した。

続いてタイトル曲「TWILIGHT」を公開し、「TWILIGHT」は、オルタナティブR&Bの要素が加味されたポップジャンルの曲で、「PENTAGON」のメンバーフイ、Flow Blowがプロデュースを担当した。ここでチャン・デヒョンが作詞に参加し、「WEi」のメンバーたちが直接振付創作に意見を加え差別化されたパフォーマンスを完成した。

「EVERGLOW」もタイトル曲「LA DI DA」を公開。まるで女戦士のようなビジュアルでセクシーながらもカリスマあふれるガールクラッシュなパフォーマンスを披露した。「EVERGLOW」特有のレトロなダンス感性を極大化させた舞台となった。

「LA DI DA」は、今の時代の中の不満に満ちているヘイター(HATER)に伝える意味を持った警告のメッセージが暗黙的に含まれており、メンバーたちの新しいボーカルトーンが聞く楽しさを増している。

女神ドルの「fromis_9」はタイトル曲「Feel Good」で自由で爽やかながらも男心を誘惑する愛らしいまなざしと魅力的なパフォーマンスで魅了した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング