「SEVENTEEN」、米ビルボード単独インタビュー“限界のないグループ、創意的なパフォーマンス期待”

Wow!Korea / 2020年10月21日 8時22分

「SEVENTEEN」、米ビルボード単独インタビュー“限界のないグループ、創意的なパフォーマンス期待”(画像提供:wowkorea)

グループ「SEVENTEEN」がアメリカ有名音楽専門媒体であるビルボードの単独インタビューを行った。

アメリアのビルボードは現地時間の20日に「SEVENTEEN」のスペシャルアルバム「; [Semicolon]」についてアルバム紹介から「SEVENTEEN」の音楽に関する想いまで多彩な内容が盛り込まれた単独インタビューを公開し話題を集めた。

ビルボードは「先日19日にK-POPグループである『SEVENTEEN』が熱い反応を集めた『Heng:garæ』に続き6つの曲が収録された新アルバム『; [Semicolon]』でカムバックした」と伝え、「昨年に発売したフルアルバム「An Ode」、メンバーのジョシュアとドギョムがPink Sweat$の「17」リミックスバージョンに参加してから、タイトル曲「HOME;RUN」で13人組グループの興行を続ける」と集中的に紹介していた。

特に新曲についてファンたちが「SEVENTEEN」のどういう姿を期待できるかという質問に対しS.COUPSは「今回のスペシャルアルバムを通じて『SEVENTEEN』は限界のない、特定の単語では定義できないグループであることに期待できると思う。今回の活動を通じて『SEVENTEEN』らしく、ステージを思いっきり楽しむ姿はもちろん、創意的でエナジーあふれるパフォーマンスが期待できる部分だ」と自信を表していた。

さらに9月にジョシュアとドギョムが参加したPink Sweat$とのコラボレーション音源「17」のきっかけについての質問に「ドギョムがPink Sweat$の『Honesty』をカバーしたことがコラボレーションの大事なきっかけになった。Pink Sweat$のような素晴らしいアーティストと作業できとても光栄に思う」と答え、コラボレーションまでの思い出を伝えた。

約4か月ぶりにスペシャルアルバム「; [Semicolon]」でカムバックする「SEVENTEEN」は、青春を暖かく慰める応援や共感を与える希望の叫びを伝えながらタイトル曲「HOME;RUN」だけではなくすべての収録曲を韓国主要オンライン音源チャートの最上位圏にチャートインさせるほか、世界12か所地域のiTunesアルバムチャートで1位を記録し、38か所地域のトップ10に名を挙げるなどの世界的に熱い反応を得ている。

一方「SEVENTEEN」は先日10月19日にスペシャルアルバム「; [Semicolon]」を発売、22日にMnet放送「M Countdown」の出演を始めとして活発に活動を続ける予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング