イ・ビョンホン&チョン・ユミ、「第29回 釜日映画賞」で男女主演賞に…「はちどり」が最優秀作品賞=受賞ラインナップ

Wow!Korea / 2020年10月22日 20時14分

イ・ビョンホン&チョン・ユミ、「第29回 釜日映画賞」で男女主演賞に…「はちどり」が最優秀作品賞=受賞ラインナップ。男優主演賞のイ・ビョンホン。(画像提供:wowkorea)

俳優のイ・ビョンホンとチョン・ユミが「第29回 釜日(プイル)映画賞」の男女主演賞を受賞し、最優秀作品賞の栄誉に輝いた。

22日午後プサン(釜山)BEXCOオーディトリウム広場では、「第29回 釜日映画賞」の授賞式が行われた。同日の授賞式は新型コロナウイルスの拡散防止のために無観衆により執り行われた。

最優秀作品賞は「はちどり」が受賞した。キム・ボラ監督は「この賞は『はちどり』の道のりで最後の賞になる。2年前に『はちどり』が釜山で初上映をしたが、2年後にここで作品賞をいただけることになり、胸がいっぱいだ。『はちどり』がこのように羽ばたくまで、キャストのミナさんやスタッフの皆さんがこの映画を愛してくれた。数年間この映画を愛した。この世に送る私の手紙のような気持で作ったが、とても大きな返事として帰ってきた時、奇跡のようだった。このすべたの軌跡を作ってくださったすべての方々に感謝申し上げる」と伝えた。

イ・ビョンホンは「南山の部長たち」で男優主演賞を受賞した。イ・ビョンホンは「4年前の2016年にウ・ミンホ監督と『インサイダーズ/内部者たち』で釜日映画賞を受賞し、今回再びウ・ミンホ監督とこのようにまた受賞することになった。妙な縁があるようだ。『南山の部長たち』を撮影しながら、僕も知らなかった演技が驚くほど上手な俳優たちが多いと思った。僕が初めて演技をした俳優だったにもかかわらず、驚きを禁じ得ない瞬間の数々があった。誰が受賞してもおかしくなかったと思う。俳優たちとのタッグやシナジーがこの賞を受賞することができたのではないかと思う。監督にも感謝申し上げる」と感想を明らかにした。

そして彼は「今日映画の授賞式に来るのが不慣れに感じた。初めて来るような緊張感もあり、これから観客たちに会うこともぎこちなくなるだろうと思った。長い間、多くの方々が大変な時間を過ごしているが、早く観客たちと笑顔で会うことができる日が早く来てほしい」と付け加えた。

女優主演賞を受賞した「82年生まれ、キム・ジヨン」のチョン・ユミは代理受賞を通じて、「もう一度大きな賞をいただけて光栄でありがたい。このエネルギーで懸命に演技をする俳優になる」と感想を伝えた。

男女助演賞は、「南山の部長たち」のイ・ヒジュンと「半島」のイ・レが受賞した。イ・ヒジュンは「『南山の部長たち』のクァク・サンチョン役をオファーしてくださった監督に感謝申し上げる。キャストたち、すべてのスタッフの皆さんの苦労のおかげで、この賞を受賞できた。体重を増やすのにともに臨んでくれたコーチにも感謝し、毎晩チキンを一緒に食べてくれた妻のイ・ヘジョン氏。最近育児のために苦労が多いがありがとう。もっと良い作品でごあいさつしたい」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング