元サッカー選手イ・ドングク、メッシ級の市場価値…世界中の40代サッカー選手の中で年俸1位

Wow!Korea / 2020年11月23日 8時6分

元サッカー選手イ・ドングク、メッシ級の市場価値…世界中の40代サッカー選手の中で年俸1位(画像提供:wowkorea)

番組「チプサブイルチェ」に元サッカー選手のイ・ドングクが登場した中で、チャ・ウヌが「グンポのイ・ドングク」と呼ばれていた学生時代を回想した。

22日に放送されたSBSバラエティ番組「チプサブイルチェ」にはイ・ドングクが出演した。

この日、出演者たちはサッカー場に集まると早々に「出演を約束してくれたあの方の登場か」と話しながらイ・ドングクのゲスト出演を予測していた。この雰囲気を見ていたイ・ドングクは「普通はゲストを知らない状態で番組が始まるのでは?」と話し爆笑を起こした。

収録が始まるとチャ・ウヌは強いシューティングを見せながら「子供の頃によくサッカーをやっていた」と話し、「スポーツが好きで、地元では1位にも選ばれたことがある」と地元であるグンポ市で市代表として活動していた過去を告白した。左ミッドフィルダーだったというチャ・ウヌは「グンポのイ・ドングク」として孟活躍を披露した。

シン・ソンロクは学生時代にはバスケットボールの選手であったことを明かし「運動する際の視野が広い」と自信を見せ、キム・ドンヒョンもサッカーについて自信を見せていた。続いてはサッカーに関する問題の出題にチャ・ウヌはすぐに正解を当てるほどサッカーファンである一面を見せた。

その勢いから19歳で最年少ワールドカップ出場選手であったイ・ドングクが登場した。イ・ドングクは「パク・ジソンのような博物館や道路があるわけでもなく、ただ現役時代が長かっただけで引退までしたので自慢する話がない」と話し、「ただサッカー選手だった人」と自分を称しながら謙遜な姿を見せた。

また韓国リーグで唯一の40代現役選手であったイ・ドングクは「甥の友達がチームに入ってきた」とのエピソードを公開し、世界中の40代サッカー選手の中で市場価値が年俸1位を誇っていた威厳を見せた。30代ではリオネル・メッシがその名を挙げている。イ・ドングクは「その年齢まで現役選手として活動する選手が少なくて選ばれただけ」と謙遜な姿勢を見せた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング