≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」15話あらすじと撮影秘話…ついにキスシーンと愛の告白の舞台裏を公開

Wow!Korea / 2020年12月30日 15時29分

≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」15話あらすじと撮影秘話…ついにキスシーンと愛の告白の舞台裏を公開(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

今日はドラマ「サイコだけど大丈夫」の撮影裏話。まずは、ムニョンの母だと判明したパク・ヘンジャとガンテ、ムニョンが3人で対決するシリアスなシーンから。

最初にキム・スヒョンらは動きを確認するため、リハーサルで細かい部分までチェックを。ソ・イェジがペンを持ってパク・ヘンジャ役のチャン・ヨンナムに襲い掛かるところでは、

キム・スヒョンは驚く。「怖いわね」と笑うチャン・ヨンナム。そのチャン・ヨンナムが1人で演じるシーンの撮影時には、カメラ側でキム・スヒョンはメイキングカメラに向かって「見ましょうか」とチャン・ヨンナムの演技を見ている。

絶叫するシーンだが一発OK。さすがベテラン女優だ。

そのまま続いて、サンテもカメラに入るシーンの撮影。チャン・ヨンナムの恐怖心をあおる演技に驚くオ・ジョンセ。

ガンテがパク・ヘンジャの首をしめる場面では、ヘンジャが攻撃をするが演技に納得できないようで、キム・スヒョンは「もう1回お願いします」と言う。もう一度やり直すが、「上手くいかないんですよ」とキム・スヒョンは不満な様子。3度目でやっと成功した。

次は、野外でガンテがムニョンに告白するシーン。

スーツに身を包んだキム・スヒョンは「おい!コ・ムニョン!」と言うが、そこでバイクのエンジン音が入ってしまい、「ラ~~~」とオペラ風にふざけだす。「コ・ムニョンを愛してるよ!」と叫びながら歩いていく。ソ・イェジがカメラに映りそうになり慌ててしゃがんでいる。

その後も何度も告白のシーン撮影は続き、「愛してるってば!逃げるなよ!!」とセリフが終わるとやはりオペラ風に締めくくる。スタッフたちは大笑い。移動カメラに乗ってご機嫌に歌うキム・スヒョン。

次はいよいよガンテとムニョンのキスシーンの舞台裏だ。

ガンテがムニョンを押し倒すシーンだが、家具の台が痛いようで「これすごくやりにくいわ…」とソ・イェジは苦笑い。するとキム・スヒョンは「じゃあ、俺が抱えてこうしようか」とソ・イェジを抱きかかえ、台に乗せるという方法を提案。

キスの向きや角度を確認しながら、「ここでシカがギャーって鳴いて、”だまれ!”って言って…」とセリフも言うとソ・イェジは笑う。「シカの声を聞いてから、いきますね」とキム・スヒョン。

その後ソ・イェジは1人で動きをシュミレーションする。キム・スヒョンが合流するとムニョンを台の上に優しく座らせ、キスシーンへ。シカの声は監督が代役を。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング