正統ロマンス「秋のマチネ」、今日(31日) 韓国の全国劇場で公開…原作作家が自ら応援

Wow!Korea / 2020年12月31日 10時15分

正統ロマンス「秋のマチネ」、今日(31日) 韓国の全国劇場で公開…原作作家が自ら応援

平野啓一郎のベストセラー小説を映画化し話題を集めた「秋のマチネ」が今日(31日)、韓国で公開する。

「秋のマチネ」(監督 西谷弘、輸入配給 challan film、共同提供 bucket studio)は天才ギターリスト蒔野とジャーナリストの洋子が、ニューヨーク、パリ、マドリッドですれ違う運命の中で愛を探していく、クラシックロマンス映画だ。

日本の国民的俳優、福山雅治と石田ゆり子の深く繊細な演技で描く大人のロマンス「秋のマチネ」はロマンチックな都市パリ、マドリッド、ニューヨークを美しく取り入れた舞台と、世界的なギターリストの福田進一が音楽監督として参加したクラシックOSTにより、映画の独特な感性を作り上げている。「容疑者Xの献身」「東京タワー」など、ブラウン管を超えてスクリーンにまで活動領域を広げたヒット監督、西谷弘の演出までもが合流し映画の作品性を高めた。今年の冬、国民の凍り付いた心を温かく溶かしてくれるであろう「秋のマチネ」は、劇場街から消えていた正統派恋愛物語を懐かしむ観客達を魅了させていく予定だ。

原作の作家、平野啓一郎は自身のTwitterに「秋のマチネ」韓国公開関連掲示をリツイートし「韓国にいらっしゃる方々、是非観覧してください。原作小説もあります」と自らがツイートを残した。

平野啓一郎の韓国公式Twitterでも国内の公開を知らせる記事をリツイートし、ファンの関心を集めた。名門京都大学法学部に在学中であった平野啓一郎作家は、とある文芸誌に投稿した作品「日蝕」で23歳、当時最年少の年齢で第120回芥川賞を受賞した。文壇に大きな衝撃を与えデビューした彼は作品を出すたびに平野熱風を呼び起こし次世代の日本文学の騎手としてその地位を確立した。

古風な文体と壮大な文学的スケールで注目を受けた平野啓一郎作家は以降、パリのロマンチックな芸術家らの生活を描いた「葬送」から、現代社会の中で様々な問題を奥深い視線を込めて描いた「滴り落ちる時計たちの波紋」などで完璧な作品活動を続けて来た。クラシックロマンス「秋のマチネ」の原作小説「マチネの終わりに」もまた、人間の内面をとどまることなく探求してきた作家の重みあるメッセージが込まれた、胸響くロマンス作品で日本17万部の販売は勿論、渡辺淳一文学賞を受賞し、人々の心を動かすしっかりとしたストーリーを立証した。

「秋のマチネ」は韓国の全国の劇場で今日から上映中だ。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング